ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 「夏休み子ども自然観察会in成道寺公園」を開催しました!

「夏休み子ども自然観察会in成道寺公園」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月3日更新

7月28日土曜日に「夏休み子ども自然観察会 in 成道寺公園」を実施しました。

 

 筑豊地区地域環境協議会と福岡県(こどもエコクラブ福岡県事務局)(※)との共催で、身近な自然との触れ合いを通して自然環境の大切さや生物多様性を学ぶ「夏休み子ども自然観察会」を田川市で開催しました。

 ※福岡県では、子どもたちの自主的な環境保全活動を応援するため、イオン九州株式会社からの寄附金を活用し、こどもエコクラブ事業を行っています。

 

  • 日時:平成30年7月28日(土曜日) 9時15分から14時30分まで
  • 場所:田川市民会館(田川市大字伊田) 及び 成道寺公園(田川市白鳥町)
  • 参加者:11組29名(大人13名、子ども16名)
  • 講師:筑豊の自然を楽しむ会(略称:ちくぜんらく)
    むしはかせ:岸本博和氏、もりはかせ:後藤ようこ氏、きのこはかせ:弓削田和広氏、あそびはかせ:成本麻衣子氏
    (本当の「博士」ではありませんが、ちくぜんらくでは講師のことを親しみをこめて「はかせ」と呼んでいます。)

自然観察会

 「ちくぜんらく」のはかせたちに解説をしてもらいながら、成道寺公園を散策して自然観察を行いました。

講師が公園に生えている植物を参加者に解説している写真です講師が捕まえた虫を手に持って観察しながら参加者に解説している写真です

 

 成道寺公園には草原や湿地、池や林など、バリエーション豊かな自然環境があり、そこに住む様々な生きものや植物を観察することができました。

公園内の広場を散策している写真です公園内の池の周りを散策している写真です

 

 また参加者の皆さんには、午後から行う標本づくり体験のために、お気に入りの昆虫や植物を公園内で採集してもらいました。

参加者(子ども)二人が木にいる虫を捕まえようとしている写真です参加者(子ども)が採集した椿の実を手に乗せて見せてくれている写真です虫とり網を持った参加者(子ども)3人の後姿です

参加者(子ども)が捕まえた虫を手に持って見せてくれている写真です。参加者(子ども)が虫とり網で捕まえた虫を逃がさないように網をつかんでいる写真です参加者(子ども)が採取した植物を手に持って見せてくれている写真です

 

 

 

観察会のふりかえり

 午後から、田川市民会館で観察会のふりかえりをしました。

黒板に貼った模造紙に講師が観察した生きものを分類して記入している写真です講師が観察した生きものについて解説している写真です


 午前中に公園で観察したり採集した生きものを子どもたちに発表してもらって、講師の先生が種類別(バッタ、チョウ、セミなどの虫類、植物、きのこ類など)にリストアップしました。

 身近な公園にも、よく観察したらたくさんの種類の生きものがいることを実感してもらえたのではないかと思います。

参加者(子ども)が手に持った虫かごの中の生きものを講師が見ている写真です参加者(子ども)が採集した植物を手に持って掲げている写真です参加者(子ども)が手に持った植物を講師が見ている写真です

 

標本づくり体験

 

 自然観察会で採集した昆虫や植物を使って、標本づくりを体験してもらいました。

 標本づくり体験の前に、標本とは何か、またその目的や意義について、講師の先生からお話がありました。

 採集場所、採集日、採集者名が記載されたラベルがなければ、どんなにきれいに保存しても本当の意味での標本にはならないこと。きちんとラベルをつけた標本を残すことで、100年後の世界で新しい発見につながる貴重な資料になるかもしれないこと。そんな標本のお話に、参加者の皆さんは目を輝かせていました。

講師が標本作りについて黒板を使いながら解説している写真です講師が標本の見本を見せながら標本作りについて解説している写真です

 その後、二部屋に分かれ、昆虫標本づくりと植物標本づくり、どちらか好きな方に挑戦してもらいました。

 

 

〈昆虫標本づくり〉

 講師がトンボ標本用の芯の長さを調整しているところを参加者(子ども)が眺めている写真です参加者の親子二人が展翅テープと針を使ってトンボを展翅板に固定しようとしている写真です子どもが虫を展翅板に固定しようとしているのを父親が見守っている写真です参加者(子ども)が虫を展翅した展翅板を手に持っている写真です

 

 

 

 

 

 今回は展翅テープや針を使って展翅板の上に昆虫を固定して形を整えるところまでやってみました。

 この後1~2週間しっかり乾燥させて、ラベルをつけて標本箱などに保存したら完成です。 

 《完成例》
見本として用意していた標本の写真です。カブトムシやカミキリムシ、セミ、チョウ、トンボなどが綺麗に展示されています。

 

 

 

〈植物標本づくり〉

植物標本作りについて講師が解説している写真です参加者の親子二人で標本にする植物の形を整えているところです講師が参加者(子ども)に台紙への植物の貼り付け方を教えている写真です参加者(子ども)が植物を台紙に貼り付けている写真です参加者が作成した植物標本の写真です

 今回は植物を急速に乾燥させるために、電子レンジを使いました。

 乾燥させた植物を台紙の上に形を整えて貼り、ラベルをつけて完成しました。

 

いただいた感想 (アンケートより抜粋)

 参加した子どもたちからは、「うまれてはじめて標本を作れてうれしかったです」、「成道寺公園でひさしぶりに昆虫をつかまえたので、たのしかったです」、「はっぱをはりつけるのが楽しかった」、「おもしろかったので、もういっかいいきたい」、「スタッフの人の説明のしかたがうまくて、上手に標本づくりができた」、といった感想をもらいました。

 保護者の方からも、「標本作りに興味が増しました。生きもの観察だけでなく、まとめやお話がしっかりあるのが良いと思った。また、ぜひ参加したいです」、「専門家の方達から詳しい説明を受けることで、子どもの興味が非常に高まったと思います」、「私自身、虫が苦手で虫獲りをしたこともなかったので良い経験になりました。初めてトンボを触り、初めて網を持ちました。息子が喜んでいたので良かったです」、「なかなかじっくりと自然を観察する機会がなかったので、とても良い経験になりました。虫や植物の名前や特徴を教えてもらったことで、子どもも生きものを今までより身近に感じられるようになったのではないかと思います」、といった感想をいただきました。

 

 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
 この自然観察会が、身近な生きものに親しみや興味を持ち、環境や身のまわりの自然に優しい行動を心掛けるきっかけとなったのであれば大変嬉しく思います。

参加者と講師全員で撮った集合写真です

この情報に関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。