ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 河川・ダム > 河川愛護 > 小学生が建花寺川の水かんきょう調査をおこないました(平成30年6月8日)

小学生が建花寺川の水かんきょう調査をおこないました(平成30年6月8日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月19日更新
  平成30年6月8日(金曜日)、飯塚市内の建花寺川にて、全国一斉水質調査の一貫として、龍王・山・里・川の会主催の水かんきょう教室(水質調査等)がおこなわれ、地元の伊岐須小学校の4年生が参加し、当事務所からも、運営・指導スタッフとして7名が参加しました。
  まず、建花寺川を散策して付近の環境の観察をおこないました。
  次に、建花寺川の水について、透視度計やCODパックテストを使用して、透視度や水の汚れ度の調査をおこないましたが、残念ながら明け方まで降っていた雨の影響等で、普段の結果は出ませんでした。
  最後に、実際に川の中に入って、オイカワやフナ、コイなど数種類の魚や、川の底に潜んでいる生物を捕り、観察をおこないました。
  今回の水かんきょう教室では、本来自然の川には生息しないニシキゴイが捕まりました。(人為的に河川に捨てられたことを説明されました。)
  小学生のみなさんは、非常に興味深く水環境を観察し、たくさんの発見をしました。今回の経験は、河川環境の大切さや飼っている魚などをむやみに河川に捨てることは、河川の生態系を乱すことを学ぶ良い機会となったようです。

<CODパックテストをしました>

CODパックテストを行なっている状況の写真です

<水生生物を捕りました>

小学生が河川に入って、水生生物を捕っている状況の写真です

<大きなフナやコイがつかまりました>

河川に入って捕まえた、タライに入っている大きなフナやコイの写真です

<本来、自然の河川に生息しないニシキゴイがつかまりました>

本来、自然の河川に生息していない、今回捕まえたニシキゴイの写真です

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。