ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 感染症対策 > 感染症情報 > HIV検査普及週間「エイズ/HIV・梅毒臨時検査」のお知らせ

HIV検査普及週間「エイズ/HIV・梅毒臨時検査」のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月22日更新

1 HIV検査普及週間とは

2 エイズ/HIV臨時検査のご案内

 

6月1日~6月7日は「HIV検査普及週間」です

エイズは、1981年に最初の患者が報告されて以来世界中でひろがり、現在、世界が抱える最も大きなテーマの一つになっています。HIV感染症は予防・早期発見・早期治療が大切であり、HIV検査の浸透・普及を図るために、平成18年度から「HIV検査普及週間」が始まりました。

我が国のエイズ動向調査によると、近年の新規エイズ患者・HIV感染者の報告数は年間1,400件程度で横ばい傾向ですが、福岡県をみると、平成28年度に新規エイズ患者・HIV感染者の報告数は92名と過去最高となり、平成30年度も72名が新たに報告されています。HIVに感染すると、通常6~8週間経過して、血液中にHIV抗体が検出され、HIV検査を受けることではじめて感染の有無を確認することができます。

主な感染経路は性的接触によるものです。特別な人が感染するものではなく、だれもが感染する可能性があります。また、症状がないために感染していることに気付かずに過ごしていることは多くいるといわれています。

糸島保健福祉事務所では、HIV検査普及週間に合わせて下記のとおり臨時のエイズ/HIV・梅毒検査を実施します。少しでも不安がある方は、この機会に早めに検査を受けてみませんか。

 

エイズ/HIV・梅毒臨時検査のご案内

HIV検査普及週間に合わせて、臨時でHIV・梅毒の検査を行います。

1.日時

令和元年6月4日(火曜日) 受付時間10時から11時まで

(注)通常検査は毎週 火曜日(受付:9時から10時まで)に実施しています。

2.結果説明

毎週火曜日の通常検査と同様に、1週間後の火曜日(受付:9時から10時まで)にお知らせします。

(注)毎週火曜日の通常検査は、1週間後の火曜日(受付:9時から10時まで)にお知らせします。

3.検査項目

HIV・梅毒検査(血液検査)の2項目です。

(注)毎週火曜日の通常検査は、エイズ(HIV)検査・梅毒検査、クラミジア検査・淋菌検査(最終排尿から1時間経過していること)の4項目を実施してます。

4.場所

糸島保健福祉事務所1階 診察室・予診室

(糸島市浦志二丁目3番1号 糸島総合庁舎1階)

5.お問い合わせ先

糸島保健福祉事務所保健衛生課

電話番号:092-322-5579

Fax番号:092-322-9252

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。