ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 消費生活 > 福岡県消費生活センター > ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年2月号 

ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年2月号 

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月21日更新

「汚水枡、排水管の洗浄が必要!」にご注意を!・・・北九州市立消費生活センター

相談事例

 6日前に突然、水道工事の業者が来て、「下水が詰まっているのではないか。」と言われ、以前から気になっていたので診てもらうと、「汚水枡と排水管の洗浄が必要。工事代金は6万3千円になる。」と言われた。その場で工事を依頼してしまったが、信用してよかったか。(80代女性)

アドバイス

 「このままでは下水が詰まり、使用不能となる。」などと不安をあおられ、その場で工事を依頼してしまったという苦情相談が多く寄せられています。本当に工事が必要でも、その場で契約せず、他社からも見積もりをとるなどして、慎重に検討しましょう。訪問販売で契約した場合は、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、工事後でもクーリング・オフで契約を解除できます。困ったことや、不安なことがある場合は、すぐにお近くの消費生活センターへご相談ください。
                                                                     

 「水色の封書が届いていませんか?」との怪しい電話・・・久留米市消費生活センター                                               

相談事例

 先日「水色の封書が届いていませんか?」と電話がかかってきました。「届いています。」と返事をすると、「その封筒は県内の50名様限定で送付されており、その方々はダイヤモンドの原石を買う権利をお持ちです。金が高くなっているのはご存知ですよね。これからはダイヤモンドです。当社に代わって買って頂ければ、倍の値段で買い取ります。」と言います。「私は宝石が嫌いなのでその封書は捨てた。」と言いました。「10万円損しましたね。封書を再度送るように依頼してはどうか」と勧めてきました。
捨てた封書を見ると、特定商取引法に基づく「購入申込書」が入っており、申込口数と金額が記載してあり、希望口数を記入してFAXにて3日以内に送付するようになっていました。
このようなことで騙される人がいると思うので情報提供するとのことでした。

アドバイス

 今回の相談者は、冷静に対応していたので騙されることなく、情報提供までしています。投資関連の儲け話による被害の特徴は、その被害金額の大きさにあり、数千万円を騙されたとの新聞報道もあります。怪しい儲け話を持ちかけてくる業者は、騙される人がいる限り、様々な手口で狙って来ます。
覚えのない電話や封書には注意し、家族や消費生活センターに相談しましょう。

関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。