ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 消費生活 > 福岡県消費生活センター > ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成29年8月号

ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成29年8月号

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月21日更新

リーフレット形式はこちら [PDFファイル/253KB]

(事例1)電話勧誘で次々と購入した美術品や写真集 ・・・糸島市消費生活センター

相談事例

  久しぶりに実家に帰ると、押入れに大量の商品が置いてあった。高齢の母に聞くと、電話勧誘で多数の美術品、健康食品、皇室写真集を契約したと言う。以前も多数購入していたので、業者に以後の勧誘を断っていたが、再勧誘され購入している。返品するので、返金してほしい。(相談者60才代 女性、 契約者 80才代 女性)

処理結果

  分かっているだけで、7社と250万円の契約を結んでいました。契約から1年以上経過しているものがほとんどで、電話勧誘だけでなく、DMを見て自分から電話注文したもの、葉書を送り購入したもの、契約書面はあるが商品が見当たらないもの、など様々です。契約後1年未満の未開封の健康食品のみ解約できました。センターから全ての業者に、今後の勧誘を控えるように申し入れました。

アドバイス

  電話勧誘販売は、契約書面を受け取って8日以内であればクーリング・オフが可能ですが、本人が契約したことを隠したり、家族の気づきが遅れたり、本人の購入意思が強いと交渉は難航します。
一人暮らしの高齢者の場合、寂しさから、電話がかかってくると嬉しくなり、話がはずんで契約してしまうこともあります。また、悩んでいることを誰にも言えず、被害が拡大してしまう場合もあります。家族だけでなく地域での見守りと、早期発見、早期解決が大切です。

(事例2)豪雨災害に便乗した悪質商法に注意しましょう! ・・・福岡県消費生活センター 

相談事例1

 豪雨で雨漏りするようになり修理工事を依頼したが、何度工事しても雨漏りが直らない。

 (アドバイス)

  住宅の修理工事をする場合は、業者の説明をよく聞き、複数の業者から見積を取ったり、家族や周囲の方に相談するなど、慎重に契約しましょう。

相談事例2

 「火災保険で自己負担無しで修理できる。保険申請も手伝う。」などといわれ修繕工事契約を結んだが、保険金が下りなかったので解約を申し出ると、高額な解約料を請求された。

 (アドバイス)

  自然災害で住宅が損害を受けたときは、まずは自分で損害保険会社か代理店に連絡し、保険支払の対象となるのか等を確認しましょう。保険金対象であっても、施工業者が高額な手数料を請求した事例もあります。お困りの場合は、消費生活センターに相談しましょう。

 ◆県消費生活センターでは、「平成29年7月九州北部豪雨」関連の消費生活夜間特別相談を実施しています。(電話相談のみ)
       相談電話番号   092-632-0995
                     092-632-6174
       受付時間 月曜日から金曜日(祝日を除く) 16時30分から20時00分
 

関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)