ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 消費生活 > 福岡県消費生活センター > ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年12月号

ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年12月号

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月22日更新

安い価格で清掃だけを頼んだはずが、高額なリフォーム契約に。・・・福岡市消費生活センター

相談事例

 3千円でエアコンの清掃をするという訪問販売があり、依頼した。清掃後、家の気になるところを聞かれ、床の張替え工事など30万円で契約した。さらに後日100万円の見積書を見せられ、理解できないまま頭金を渡した。すでに施工中であるが、業者が信用できないので解約したい。(80代女性)

処理結果

 センターにおいて、見積書の内容を確認したところ、相談者の依頼した覚えのない施工内容だった。100万円の契約はクーリング・オフした。30万円の契約については、施工部分のみを支払い、差引残額を返金することとなった。

アドバイス

 エアコンや換気扇の清掃などを電話で勧誘され、その後、高額なリフォーム工事をせまられたという相談が多数寄せられています。トラブルを未然に防ぐためには、絶対にその場で契約せず、家族や友人等に相談したり、他の業者にも見積もりを取るなど、時間をかけて十分に検討しましょう。
 訪問販売の場合、工事が開始後でも、クーリング・オフ期間内(8日間)であれば無条件で解約できます。不安に感じたら、消費生活センターにご相談ください。

「不用品買い取ります」に注意!!・・・飯塚市消費生活センター

相談事例

 A子さんは電話で不用品を買い取ると言われ、いらなくなった衣類を買い取ってもらおうと、自宅に来てもらいました。ところが業者から、衣類ではなく貴金属を見せて欲しいと言われ、売るつもりはなかった貴金属を見せると、業者は貴金属のみを買い取ると言い、A子さんは4万2千円を受け取りました。

 翌日キャンセルを要求したところ、キャンセルは出来ないと大きな声で怒鳴られ、怖くなりセンターに相談されました。(89歳)

処理結果

 消費生活センターからクーリング・オフを要求し、後日、消費生活センターにて、相談員、業者の責任者、A子さんの三者で話し合いを持ちました。
 業者の責任者は、不鮮明な写真を見せ、買い取った貴金属はこれであると主張しました。A子さんは見せられた写真を見ても納得いかない様子だったので、「明らかに渡したものと異なる商品が返されているのなら司法で争うことも出来る」と助言しましたが、A子さんは高齢のため争う気持ちはなく、業者の責任者が持参した5点の貴金属を受け取り、お金を返して終了しました。
 消費生活センターから業者へ、今後第三者が納得できるような鮮明な証拠写真を撮るよう注意しました。

アドバイス

 「不用品の買い取り」という言葉で誘って、実は貴金属の買い取りが業者の目的であると思われます。安易に返事はしないこと、また貴金属を手放すと同じ物が戻って来るとは限らないので、必ず証拠写真を撮ることが大事です。困ったときは最寄りの消費生活センターへ相談しましょう。

関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。