ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 消費生活 > 福岡県消費生活センター > ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年7月号

ホットな消費者ニュース あなたの地域の危ない商法・平成26年7月号

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月21日更新

大手通信会社と誤解させ遠隔操作でインターネット通信契約を変更してしまう悪質業者に注意!・・・福岡県消費生活センター

相談事例

 Aさんに「今利用しているB社が使えなくなります。変更したら月額使用料が997円ですみます。」と電話があり、B社からの変更案内と思い、パソコンの遠隔操作で手続きをしてもらった。
 その後、デスクトップに届いたテキストメモで、B社とは関係ないC社との契約であることがわかった。解約したいが、解約料1万5千円がかかると記載されていた。解約料の説明は受けていない。(50女性)

処理結果

 センターからプロバイダに契約時の問題点を伝え、交渉を重ねた結果、解約料は免除となったが、初回事務手数料や1月分の接続料等を請求された。相談者が早期解決を望んだため、それで決着した。

アドバイス

 電話による電気通信に関する契約は、説明不足が生じたり、内容が複雑で消費者の理解が難しい場合が少なくありません。また、通信事業にはクーリング・オフ制度が適用されません。したがって、安易に口頭での契約をしないよう注意しましょう。また、自分のパソコンを勧誘業者に遠隔操作させると、トラブルの原因になる場合もありますので、ご注意ください。

公的機関を装った個人情報削除サービスに注意!・・・ 宗像市消費生活センター

相談事例

 国民生活センターに似た名前のところから、「個人情報の調査をしているが、ハガキなどが届いたりすることはないか。あなたの個人情報が漏れているので削除することができる」と電話があった。「3社に登録されている」と大手百貨店などの名前をあげたが、いずれも利用したことはないので不安になった。公的機関のようだが依頼しても大丈夫か。(60代女性)

処理結果

 電話の業者は公的機関ではなく、公的機関を装った詐欺の手口であることを情報提供した。再度かかってきても留守電設定にするなどにして、応対しないように伝えた。

アドバイス

 公的機関と勘違いさせ「漏れている個人情報を削除する」と言って電話がかかってくるという相談が複数寄せられています。削除依頼をすると、「3社のうち2社は削除できたが残り1社は代わりに登録する人が必要」、「こちらで代わりの人をさがす」などと言って、第三者を登場させます。これは劇場型勧誘の手口の一つです。応対すると様々な名目で費用を請求される可能性があります。公的機関が個人情報を削除するという内容の電話をすることはありません。このような電話がかかってきたらすぐに電話を切りましょう。

関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。