ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > パスポート > パスポートに関する手続き > パスポート申請・受取に必要な書類一覧

パスポート申請・受取に必要な書類一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

申請にあたって

福岡県のパスポートセンターで申請できるのは、以下の(1)及び(2)に該当する方です。

(1)日本国籍を有する方

※自ら志望して外国籍を取得したなど、日本国籍を喪失している可能性がある場合には、法務局へ照会いただくなどにより確認が必要となる場合があります。

(2)福岡県に住民登録(現住所)がある方 (居所申請、海外からの一時帰国の場合を除く)


旅券申請必要書類一覧表(いるものリスト)

ご自身の状況必要な書類詳しい手続き
  • 初めてパスポートをつくる方
  • 現在お持ちのパスポートの有効期間が切れた方
  • 有効中のパスポートを外国で紛失し、「帰国のための渡航書」で帰国された方
  1. 申請書1枚(10年用又は5年用)

  2. 戸籍謄(抄)本1通(有効な原本で6ヶ月以内に発行されたもの)

  3. パスポート用写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)

  4. 本人確認書類

1点でよいもの=「運転免許証」等

2点必要なもの=「健康保険証+年金手帳」「健康保険証+失効した旅券」「健康保険証+写真付き学生証」等

新規申請

戸籍の氏名、本籍地の都道府県名に変更のない方

  • 有効なパスポートをお持ちの方
  • 有効期間が残り1年未満になった
  • パスポートに損傷がある方(データ面の確認ができる場合)
  • 現在のパスポートがIC旅券ではないので、IC旅券に変えたい方(在外公館発行等)
  • パスポートの査証欄が残り少なくなった方
  • パスポートの有効期間が1年以上あるが、就労・就学目的等で査証を取得するにあたり、残存有効期間が不足する方
  1. 申請書1枚(10年用又は5年用)
  2. パスポート用写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)
  3. 本人確認書類
  4. 有効なパスポート

※戸籍謄(抄)本は不要ですが、戸籍の氏名、本籍地の都道府県名等に変更のある方は戸籍謄(抄)本(有効な原本で6ヶ月以内に発行されたもの)が1通必要です。

切替申請

戸籍の氏名、本籍地の都道府県名等に変更のあった方

  • 有効なパスポートをお持ちの方
  • 結婚や養子縁組等により、氏名に変更があった方
  • 本籍地の都道府県名に変更があった方
  • 国際結婚等で、外国の氏名等を別名として追記または削除する方
  1. 申請書1枚(10年用又は5年用)

  2. 戸籍謄(抄)本1通(有効な原本で6ヶ月以内に発行されたもの)

  3. パスポート用写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)

  4. 本人確認書類

  5. 有効なパスポート

氏名・本籍地などの変更

有効中のパスポートを紛失・盗難・焼失された方(本人の申請)

  1. 申請書1枚(10年用又は5年用)

  2. パスポート用写真1枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)※紛失届の提出と同時に新規申請をする方はパスポート用写真がもう1枚必要です。

  3. 本人確認書類

1点でよいもの=「運転免許証」等

2点必要なもの=「健康保険証+年金手帳」「健康保険証+写真付きの資格証明書」「健康保険証+写真付き学生証」等

※戸籍謄(抄)本は不要ですが、紛失届の提出と同時に新規申請をする方は戸籍謄(抄)本(有効な原本で6ヶ月以内に発行されたもの)が1通必要です。

紛失届

有効中の旅券(パスポート)に査証欄を増やしたい方(1回限り)

  1. 申請書1枚

  2. 有効なパスポート

増補申請
 
住民票福岡県内に住民登録されている方は、住民票の提出は不要です。
  • 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を利用して現住所を確認します。

以下の方は必要(6ヶ月以内に発行された住民票1通)となります。

戸籍謄(抄)本同一戸籍内にある2人以上の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で兼用できます。
  • 有効中の旅券を新しい旅券に切り替える場合で、本籍地の都道府県名、氏名等に変更のない方は省略できます。(ただし、戸籍は番地まで書く必要がありますので事前に確認しておいてください)
  • 一部の市町村では、コンビニ交付(写真付きのマイナンバーカードが必要です)に対応しています。
有効なパスポート返納されたパスポートの残存有効期間は切り捨てになります。残存有効期間は新しいパスポートの有効期間には加算されません。旅券番号は変わります。更新の制度はありません。
  • 新たに10年用、または5年用のパスポートを選択(未成年者は5年用のみ)して申請することとなります。
  • 新たなパスポートを受領するまでは渡航できませんのでご注意ください。
  • 旅券番号については、受領前にお知らせすることはできません。
その他の手続き

居所申請

福岡県外に住民登録があり、福岡県内に居所(現在お住まいの場所)のある方が対象となります。

  • 居所に居住している事情等を確認させていただきますので、申請者ご本人が窓口にお越しください。
  • 居所申請には、居所を証明する書類等が必要です。
  • 通常の申請に必要な書類一式と一緒に提示・提出してください。
  • 住民票(発行日から6ヶ月以内のもの 1通)」が必要となります。
  • なお、増補申請を居所でされる方は、住民票は不要です。

代理申請

代理の方が提出できる申請

次の申請は代理提出ができません

未成年の方の申請

  • 未成年者とは、申請日現在、満20歳未満の方のことです。
  • 未成年者の方は、5年用パスポートの申請しかできません。
  • 年齢は「年齢に関する法律」(明治35年法律第50号)により決まります。

 

  • 未成年の例
    年齢は誕生日の前日に1歳加算され、20回目の誕生日の前日に20歳となります。
    誕生日が3月3日ならば、3月2日に20歳となり、3月1日までは19歳です。
  • 子どもの例
    申請時に12歳未満の方はパスポートの手数料が減額されて、6,000円になります。
    誕生日が4月10日ならば、4月9日に12歳となり、4月8日までは11歳です。

 

  • 海外へ行くには、年齢に関係なく、乳幼児でもパスポートが必要です。
  • 修学旅行等の学校行事に参加するために海外に渡航する場合もパスポートが必要です。
  • 未成年者の方の申請・紛失届出については、法定代理人欄に親権者等の署名が必要となります。 
  • 20歳未満でも結婚されている方は、成年とみなされますので法定代理人の署名は必要ありません。

申請書の入手場所

  • パスポートセンター以外の市町村等では、新規・切替申請用の一般旅券発給申請書(5年用・10年)のみを配布しています。未成年者の方は、5年用のみとなります。
  • 各施設によって業務時間や配布場所が異なりますので、事前に各施設にご確認ください。なお、各施設ではパスポートの申請に関するお問い合わせにはお答えできませんので、パスポートの申請に関するご質問は直接パスポートセンターにお問い合わせください。
  • 外務省ホームページから申請書をダウンロードして、作成・印刷することができます。
    ※メール等でオンラインにより電子的に申請手続を行えるようにするものではありませんので、ご注意ください。
  • 一般旅券発給申請書(記載事項変更用)、一般旅券査証欄増補申請書、紛失一般旅券等届出書については、パスポートセンターの窓口での配布と、外務省ホームページからのダウンロードのみとなりますのでご注意ください。
  • 窓口によって配布場所や配布方法等が異なりますので、あらかじめ電話で確認してから窓口にお越しください。
  •  

海外旅行に必要なパスポートの残存有効期間

  • 観光目的等の短期間の滞在で、査証(ビザ)不要の場合でも、入国の条件が「パスポートに一定以上の有効期間が残っていること」という国があります。多くの国・地域(アジア、太平洋、北米、中南米、欧州、中東、アフリカ)で入国時に旅券の有効期限を滞在期間プラス3ヶ月から6ヶ月程度と定めている場合が多いようです。
  • 空港等から出国される際に,渡航先国・経由地に要求されているパスポートの残存有効期間が不足している場合に渡航できないケースがあるようですのでご注意ください。
  • 諸外国の出入国管理については、国ごとに政策が異なること、国際政治情勢や内政事情等により予告なしに突然変更されることがあります。渡航先の国の最新情報については、各国の駐日大使館等に確認されることをおすすめします。

申請時の注意事項

申請にあたって、以下の内容にご留意ください。

  • 申請の際に必要な書類が添付されていなかったり、申請書記載内容に誤記等があった場合には、受付ができずに再度お越しいただくこととなる場合がありますので、事前に十分にご確認ください。
  • 一旦、申請を受け付けますと、ご自身のご都合による取下げはできません。
  • 以前取得されたパスポートの有効期間が残っていたことが受付後に分かった場合などには、手続きのため、ご本人に再度来所していただくこととなります。 旅行に間に合わなくなることがありますので余裕を持って申請にお越しください。
  • 期限が切れているかどうかが不明な場合には、名義人ご本人が窓口でその旨を申し出てください。
  • 前回申請したパスポートを受け取らずに失効していた場合には、必ずご本人の申請となり「未交付失効旅券届出書兼誓約書」(窓口でお渡しします)の提出が必要となります。
  • 申請書に事実と異なる記載をした場合には、旅券法違反として処罰されることとなる場合があります。

パスポートのお受け取りについて

 

パスポートの申請からお受け取りまでの期間

  • 申請受付の時にお渡しする「一般旅券(パスポート)引換証」に「受取予定日」を記載しております。(はがきによる通知は行っておりません)

  • 書類に不備などがあった場合は、交付予定日が変わることがあります

  • 年末年始、大型連休等の期間は申請からお受け取りまでの期間が長くなります。

  • 有効パスポートを紛失した場合、申請からお受け取りまでの期間が長くなる場合があります。

パスポートを新規に申請される方や切替申請される方、パスポートの記載内容の変更をされる方で、書類などに不備がなく、申請が受理された場合パスポートのお受け取りまでの期間は次のとおりとなります。

申請された場所での交付となり、申請場所により交付予定日が異なります。

福岡県パスポートセンター

北九州パスポートセンター

申請の日を含めて 6営業日目土曜日、日曜日、国民の祝日、振替休日、年末年始の12月29日から1月3日を除く) からのお受け取りとなります。

久留米パスポートセンター

飯塚パスポートセンター

申請の日を含めて 8営業日目 土曜日、日曜日、国民の祝日、振替休日、年末年始の12月29日から1月3日を除く) からのお受け取りとなります。

パスポートのお受け取り
  • パスポートは、乳幼児でも年齢に関係なく申請者ご本人(パスポートの名義人ご本人)しかお受け取りになれません。小さなお子さまにつきましては、家族の方などが、お連れください。

  • パスポートをお受け取りできる窓口は、申請書を提出したパスポートセンターです。

  • パスポートを受け取られるときは、申請時にお渡しする一般旅券(パスポート)引換証、手数料が必要になります。引換証を紛失した方はパスポートセンターへご連絡ください。

  • 一般旅券(パスポート)引換証に書かれた交付予定日が来たら、できるだけ早くお受け取りにおいで下さい。

  • パスポートは、発行日から6か月以内に受け取られないと失効し、申請時に返納された前回のパスポートも廃棄させていただきます。

 詳しくはこちらをご覧ください → 「お受け取りについて」

旅券発給手数料 「手数料一覧」 クレジットカードの利用は出来ません。

このページに関するお問い合わせ先

福岡県パスポートセンター 092-725-9001

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)