ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 「英彦山 秋の自然観察会」を開催しました!

「英彦山 秋の自然観察会」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

10月20日(日曜日)に「英彦山 秋の自然観察会」を実施しました!

 

 筑豊地区地域環境協議会と福岡県立英彦山青年の家との共催で、見て触れて楽しみながら自然を学ぶ「英彦山 秋の自然観察会」を英彦山(添田町)で開催しました。

 

 

  • 日時:令和元年10月20日(日曜日) 10時00分から15時00分まで
  • 場所:福岡県立英彦山青年の家及び周囲の林野
  • 参加者:5組15名(大人10名、子ども5名)
  • 講師:福岡県保健環境研究所 環境生物課長 須田隆一氏
  • スタッフ:嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所、英彦山青年の家
     

自然観察会

 福岡県保健環境研究所 環境生物課の須田課長が講師となり、英彦山青年の家周辺の森林を散策しながら自然観察会を行いました。

 

 英彦山青年の家前のつどいの広場から出発。人工林を通ってススキ草原を目指します。

ススキ草原までの道のりを歩く参加者たち

 

 講師からにおいのする植物について説明がありました。ミカン科のマツカゼソウやサンショウの葉を光に透かして見ると、つぶつぶとしたものが見えます。これを「油点」といい、柑橘系の香りのもととなっています。果物のみかんの皮にあるつぶつぶ(こちらは「油胞」といいます)と同じものです。

参加者たちがマツカゼソウを光に透かして見ています サンショウの葉を光に透かした写真です。外周に見える白い点を油点といいます。

 

 旧スキー場跡地に着きました。この付近では、引き抜くのにかなりの力を要するチカラシバ(イネ科)や、ゴマのにおいがする葉っぱを持つゴマギ(スイカズラ科)なども観察しました。

ススキ草原前で講師からの説明を受ける参加者 ススキ草原を歩く参加者たち

 

 ススキ草原の丘の上にある天然林には、コハウチワカエデ、イロハモミジ、カジカエデ、ウリハダカエデなど数種類のモミジの仲間が自生しています。講師からモミジの葉っぱの形や大きさの違いを教えてもらいました。

モミジ科の葉の形と種類について説明している講師 自然観察をしながら天然林を歩く参加者

 

 自然豊かな英彦山ですが、近年はシカの食害により植生が大きく変化しています。シカの口が届く範囲の草木が食べられてしまい、下草に植物がほとんど見られません。また、シカが樹皮を剥いで食べたと思われるリョウブの木もありました。

樹皮が剥がされたリョウブの木

 

 春にオレンジ色の花を咲かせるレンゲツツジは、福岡県内では英彦山にしか自生していません。平成27年から、シカ等に食べられないように防除ネットを張るなど、継続的に保全活動を行っています。現在は秋なので花は咲いていませんでしたが、来年の花芽のもとが確認されました。来年も美しい花を咲かせてくれることを心待ちにしています。

(写真は令和元年5月8日に撮影したものです。)

 

 春に撮影したレンゲツツジの花の写真です

 

観察会のふりかえり

 午後から、英彦山青年の家のオリエンテーション室で自然観察会のふりかえりをしました。

 講師からは、英彦山に自生する様々なモミジ(カエデ)の説明がありました。モミジの仲間は葉っぱの形で絵合わせのように種類がわかるので、英彦山以外でも楽しく観察ができそうです。

観察会の解説をする講師の様子 観察会の途中で採取した様々なモミジの葉っぱの写真

ネイチャークラフト体験 ~クリスマスリースと落ち葉しおり作り~

 

 

 観察会の振り返りの後、 観察会の途中で集めた木の実や葉っぱなどの自然素材を使って、2種類のネイチャークラフトを体験してもらいました。みさなん集中して作業を行い、工夫に富んだ力作が完成しました。

【クリスマスリース作り】

材料を並べてクリスマスリース作りに取りかかる親子2名の様子です 参加者がクリスマスリースを作っているところです。

完成したクリスマスリースです。どんぐりで作ったキャラクターがポイントです。 完成したクリスマスリースです。落ち葉や木の実を使い、秋らしい仕上がりになっています。

 

 

【落ち葉しおりづくり】

しおりに使う落ち葉を選んでいる参加者の様子です 落ち葉をていねいに並べてしおり作りをする参加者の様子です

 

 

デザインを考えながらしおりを作る参加者の様子です 完成したしおりの写真です

いただいた感想 (アンケートより抜粋)

 

 参加した方からは、「久しぶりに自然とふれ合い気持ちよかったです。」、「子どもたちが目を輝かせて参加していました。私も英彦山の豊かな自然を説明を聞きながら歩き、リフレッシュできました。」、「学生に戻った気持ちになり、わくわくしました。身近な植物をたくさん知れて良い体験ができました。」 、「普段あまり運動しないので、全ての事がとても新鮮でした。」「紅葉のはじまりを感じる少し冷たい空気の中、自然に触れ合えてとてもよい経験となりました。」、「子どもたちへの自然環境学習の場として良かった。」、「とても楽しかったので、また参加したいです。」、といった感想をいただきました。

 最後に、完成したクリスマスリースを持って集合写真を撮影しました。

 参加者の集合写真です。

 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 この自然観察会が、身近な生きものに親しみや興味を持ち、環境や身のまわりの自然に優しい行動を心掛けるきっかけとなったのであれば大変嬉しく思います。

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。