ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 感染症対策 > 感染症情報 > 手足口病の感染を予防しましょう

手足口病の感染を予防しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月16日更新

手足口病の発生状況(定点当たりの報告数)

 定点当たりの報告数とは、感染症の発生動向を把握するために選定した医療機関から報告される一週間、一医療機関当たりの患者数の平均値です。手足口病については、「5」を超えると、大きな流行の発生・継続が疑われることを示す「警報レベル」とされています。報告数は速報値であり、今後、変更になる可能性があります。

 これまでの流行の推移については、福岡県感染症情報のページをご覧ください。

 福岡県感染症情報(左のメニューから手足口病を選んでください。) 

手足口病とは

 手足口病は、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。

 感染してから3から5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2から3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。発病者のほとんどが、数日間のうちに治る病気です。しかし、まれに、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。

手足口病の感染予防

 手足口病は、治った後も比較的長い期間、便の中にウイルスが排泄されます。また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

 一般的な感染予防対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、手洗いを徹底してください。

手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。