ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 春のふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

春のふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月27日更新

 南筑後地域環境協議会(事務局:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)では、3月17日(土曜日)に、春の「ふしぎいっぱい自然探検隊」を開催しました。

 当日は天候に恵まれ、春の訪れを肌で感じながら八女市の岩戸山古墳周辺の森で自然観察を行いました。
 自然観察のあとは、どんぐり工作を行いました。  

 

  • 日時:平成30年3月17日(土曜日)9時30分から12時30分
  • 場所:八女市岩戸山歴史文化交流館 いわいの郷(八女市吉田1562-1)
  • 参加者総数:51名

 

小学生小学生14名
保護者・幼児9名
高校生

県立八女高校生(河野先生)
県立伝習館高校生(木庭先生)
大牟田高校生(園田先生)

24名
市町八女市、筑後市2名

講師

県保健環境研究所 環境生物課 金子主任技師、石間主任技師

自然観察会

双眼鏡の使用方法についての説明
観察会の前に、講師から双眼鏡の使い方や注意点などの説明がありました。

 

観察の様子 観察の様子2 観察の様子3
その後、岩戸山歴史文化交流館を出発し、岩戸山古墳の周辺で生き物を探しました。
どんな生き物がいたのかな?

 

アシナガバチの巣 クスサンの繭 ヒサカキ
写真は、左から「アシナガバチの巣」、「クスサンの繭」、「ヒサカキ」です。
その他にも、色々な生き物が見つかりました。

 

 

【見つけた生き物たち】

動物アシナガバチの巣
オオカマキリ・ハラビロカマキリの卵
クスサンの繭
セミの抜け殻
ツクシマイマイ
植物ムラサキケマン
オランダミミナグサ
アジサイ
カヤツリグサの仲間
アリドオシ
ヒメウズ
ヤマノイモ
クスノキの種
センダン
ナズナ
マツボックリ
コウノキ
セイヨウアブラナ
ヒサカキ
クヌギの枝(虫こぶが付いている)
キノコの仲間

観察会まとめ


観察会まとめ観察会まとめ2
 観察会終了後、見つけたどんぐりの見分け方について、解説がありました。

どんぐり工作

 どんぐり工作の様子どんぐり工作の様子2どんぐり工作の様子3
 岩戸山歴史文化交流館で、素材(どんぐり、まつぼっくり、木の枝等)の中から自由に好きなものを選び、高校生のお兄さんやお姉さんたちと一緒にどんぐり工作を行いました。
 個性豊かな作品ができていました。

観察会を終えて

 アンケートでは、小学生からは「生き物や植物の観察が楽しかった」、「どんぐり工作は、いろいろな材料があって楽しかった」という声や、保護者の方からは、「高校生と子ども達も楽しめたので良かった。色んな種類の植物や虫などを知れ、自然と触れる機会が持てて良かった」、「工作は自分でとったどんぐりや植物を混ぜて作れ、色んな発想で作り楽しめたのでよかった」という声をいただき、有意義な観察会にすることができました。
また、ボランティアで参加していただいた高校生や先生方には、早朝よりご協力いただき、ありがとうございました。

この情報に関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。