ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 男女共同参画 > 男女共同参画 > 平成28年度 若年層意識啓発事業(大学生ボランティアによる高校出張授業)について

平成28年度 若年層意識啓発事業(大学生ボランティアによる高校出張授業)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月21日更新

平成28年度 若年層意識啓発事業(大学生ボランティアによる高校出張授業) 実施報告

 少子高齢化の進行や人口減少など現在の社会情勢において、男女が共に仕事と家庭を両立し、お互いに責任を担う社会の形成は重要な課題となっています。

 そのため県では、平成27年度に引き続き28年度も、進学・就職といった進路選択の重要な時期にある高校生に対し、将来のキャリアや結婚・出産といったライフイベントについて身近な先輩である大学生とともに考え、語り合う機会を提供する 「若年層意識啓発事業(大学生ボランティアによる高校出張授業)」を実施しました。

 

実施日・実施高校・対象生徒

(1) 平成28年9月27日 火曜日  11時から12時50分まで、13時35分から15時25分まで 

    県立玄洋高校 1年生 285人 (学生ボランティア:32人)

(2) 平成28年10月24日 月曜日  13時40分から15時30分まで 

    北九州市立高校 1年生 79人 (学生ボランティア:32人)

(3) 平成28年12月3日 土曜日  10時10分から12時まで 

    高稜高校 2年生 140人 (学生ボランティア:42人)

(4) 平成29年2月10日 金曜日  12時35分から14時25分まで、14時35分から16時25分まで 

    県立福岡魁誠高校 1年生 270人 (学生ボランティア:33人)

内容

高校生の人数に応じて大学生ボランティアを県内の高校へ派遣し、概ね次のような出張授業を実施しました。

(大学生ボランティアは、主に県内の大学から募集し、事前研修や振り返りを行いました。)

(1)大学生ボランティア数名がプレゼンテーションを行い、高校生はそのうち自分が話を聞きたい大学生のところに移動し、囲んで話を聞く。大学生活で打ち込んでいる事や夢、進路選びの失敗談、家族のことなど様々な内容を聞き、それらから「なりたい自分像」の具体例を見つける。

(2)高校生2~3人のグループと大学生の座談会を行う。大学生が高校生に「興味のある分野」や「進路についての悩み」などを質問し、高校生が好きなこと、嫌いなことを言語化するとともに、未来の夢や漠然とした不安などを引き出し、高校生の自己理解を促す。

(3)上の(1)、(2)を複数回繰り返し、大学生や同級生との意見交換を行う。

(4)高校生は、大学生の話と座談会から得られたものを一過性のものに終わらせないで次の行動につなげるため、「今日からできる小さな行動」をカードに書き込み、宣言を行う。

 

 

事業の実施状況

県立玄洋高校

(玄洋高校)

 

 

北九州市立高校

(北九州市立高校)

 

 

高稜高校

(高稜高校)

 

 

県立福岡魁誠高校

(福岡魁誠高校)

 

 

事業の成果

 参加生徒に対して、事業実施の前後にアンケート調査を実施しました。

 生徒たちにとっては、年齢の近い先輩であり、様々な悩みを乗り越えてきた大学生と一緒に卒業後の進路を具体的に考えるとともに、普段あまり話せないことを話すなどして、自分自身と向き合い、自分について考える貴重な機会となりました。

 

 その結果、生徒の自己評価には個人差も見られるものの、将来に対して前向きになり、期待を持ち、希望に向かって行動しようと考えだす生徒や、目的や興味、将来像を明確にし、そこまでの過程について具体的に考えられるようになった生徒が増えたことがわかりました。

 また、学習分野以外も含めた自己に対する評価基準が見つかった、自己肯定感が高まった、今後も努力するという回答もありました。

 

 

 具体的に自分の将来や進路について、また目標のためにどのような行動をすればよいのか考える機会となり、将来に向けて前向きな生徒が増えたことから、事業が目的とする若年層への意識啓発の点では、一定の成果を挙げることができました。

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。