ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 男女共同参画 > 男女共同参画 > 抱えている課題について、女性の活躍推進の観点から取り組んでみませんか? 実務専門家を派遣します
トップページ > しごと・産業 > 中小企業 > 経営・技術支援、経営革新 > 抱えている課題について、女性の活躍推進の観点から取り組んでみませんか? 実務専門家を派遣します

抱えている課題について、女性の活躍推進の観点から取り組んでみませんか? 実務専門家を派遣します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月28日更新

 県では、実務専門家をコンサルタントとして派遣し、女性の活躍推進に向けた観点から、当該企業の課題となっている事項の把握や整理、対策の提案、具体的な取組に向けたプランの策定や研修支援などを行います。
 次のようなお悩みをお持ちの企業の皆さん、いろいろな事情を抱えた人も働きやすい環境整備や女性の登用推進を進め、誰もがいきいきと働くことができる職場づくりに取り組んでみませんか?

  • 求人を出しても応募者がいない。
  • 社員が定着しない。
  • ベテラン社員が介護を理由に離職しないようにしたい。
  • パートやアルバイトとして雇用している女性の中から、リーダーを育てたい。
  • 女性が管理職になりたがらない。
  • 長時間労働が慢性化していて、業務効率が悪い。

1 対象

  県内に事業所を有する事業所(従業員が300人以下)

2 派遣の期間

  平成29年2月末日まで

3 派遣する実務専門家

  社会保険労務士、中小企業診断士、企業コンサルタント

4 支援の内容

(1)派遣回数

  1企業当たり3回まで

 【派遣例】
  1回目  企業の現状についてのヒアリング及び課題の抽出・把握
  2回目  課題の整理や取組・対策の提案
  3回目  具体的プラン策定や導入等に係る支援、研修の実施

(2)費用

  実務専門家に対する謝金(交通費含む)は県が負担。

5 利用の流れ

  1. 実務専門家の派遣を希望する企業は、下記募集期間内に派遣申込書(様式1)を提出してください。
  2. 募集期間終了後、県において実務専門家との調整を行い、派遣を決定します。(派遣決定の結果については、文書で通知します。)
  3. 派遣が決まった企業は、実務専門家と調整を行い、平成29年2月までに、実務専門家の派遣を受け入れてください。(追加資料の作成・提出を依頼することがあります。)
  4. 企業は、実務専門家が派遣される都度、実施報告書(様式2-1)を提出してください。なお、最終回の報告については様式2-2を提出してください。
  5. 実務専門家の派遣を受けた企業に対しては、平成31年度まで、事業終了後の取組状況及び成果を確認するため、アンケート調査を行います。

6 申込

 派遣申込書(様式1)を下記問い合わせ先へ提出(随時受付)

 7 申込書等

中小企業への実務専門家派遣事業 チラシ [PDFファイル/747KB]
中小企業への実務専門家派遣事業 実施要領 [PDFファイル/121KB]
中小企業への実務専門家派遣事業 派遣申込書(様式1) [Wordファイル/16KB]
中小企業への実務専門家派遣事業 実施結果報告書(様式2-1) [Wordファイル/16KB]
中小企業への実務専門家派遣事業 実施結果報告書(様式2-2) [Wordファイル/17KB]
中小企業への実務専門家派遣事業 実施結果報告書(様式3) [Wordファイル/16KB]
 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)