ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

天皇皇后両陛下による福岡県への御訪問

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月30日更新

 天皇皇后両陛下におかれましては、10月27日から30日の4日間、行幸啓のため御来県を賜りました。

 小川知事は、この間、両陛下に随従し、県内各地を御案内しました。

10月27日(金曜日)

 10月27日、両陛下は、福岡空港にお入りになられた後、平成29年7月九州北部豪雨で大きな被害を受けた朝倉市を御訪問されました。

 朝倉市では、小川知事が被災状況等を説明した後、被災者一人一人、災害対応尽力者に心のこもったお見舞いと励ましのお言葉をいただきました。

 その後両陛下は、大分県日田市を御訪問されたのち、北九州市のお泊所にお入りになりました。

 記者会見で知事は「天皇皇后両陛下におかれましては、第37回全国豊かな海づくり大会への御臨席、併せまして、地方事情視察のため御来県を賜り誠に光栄に存じます。また、両陛下の強い御希望により、当初の予定を一日早めて御来県いただき、本日、平成29年7月九州北部豪雨の被災地を御見舞いいただきましたことに、県民を代表いたしまして謹んで感謝申し上げます。今回の御訪問が両陛下にとって思い出深いものとなりますことを願っております」と話しました。

 この日、沿道では、約14,000人の皆さんが、旗や手を振って、両陛下の御訪問を歓迎しました。

福岡空港御着の様子

(写真)福岡空港にお入りになる天皇皇后両陛下

 朝倉市役所杷木支所前で両陛下を歓迎する皆さん

(写真)朝倉市役所杷木支所前で天皇皇后両陛下を歓迎する皆さん

被災者の皆さんをお見舞いする両陛下

(写真)被災者の皆さんをお見舞いする天皇皇后両陛下

災害対応尽力者を励ましになる天皇皇后両陛下

(写真)災害対応尽力者を励ましになる天皇皇后両陛下

リーガロイヤルホテルに入る両陛下

(写真)リーガロイヤルホテルにお入りになる天皇皇后両陛下

記者会見の様子

(写真)日程終了後の記者会見の様子

10月28日(土曜日)

 10月28日午前、両陛下におかれましては、県勢概要について御聴取されました。知事からは、県をもっと「元気」にする産業政策や農業政策、「温かみ」のある行政などについて説明するとともに、「何よりも、昨日ご訪問いただきました被災地の皆さんが、一日も早く元の生活とお仕事に戻っていただけるよう、復旧・復興に全力で取り組み、その結果、県民一人ひとりが『この県に生まれてよかった、生活してよかった』と実感できる福岡県を県民と共につくっていきたい」との思いを伝えました。両陛下は熱心に御聴取され、「高齢者がそれぞれ自分に合った職場で、長く働くことができることは素晴らしいことですね」などとお話しになられました。

 午後、両陛下は、北九州市の「安川電機みらい館」を御訪問され、歩行アシスト装置の実例紹介や産業用ロボットの展示などを大変熱心に御覧になりました。

 その後、お泊所に戻られた両陛下は、「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会」の絵画・習字の優秀作品を御覧になるとともに、大会の歓迎レセプションに御出席されました。

 この日、沿道では、雨の中、3,300人を超える県民の皆さんが、旗や手を振って、両陛下の御訪問を歓迎しました。

安川電機みらい館

(写真)安川電機みらい館を御視察される天皇皇后両陛下

展示された作品とその作者の小学生

(写真)絵画・習字の優秀作品の作者の子どもたち

作品を御覧になる両陛下

(写真)絵画・習字の優秀作品を御覧になる天皇皇后両陛下

歓迎レセプションであいさつする知事

(写真)歓迎レセプションであいさつする知事

10月29日(日曜日)

 10月29日、天皇皇后両陛下は、宗像市内で「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会」の式典行事に御臨席されました。
 式典では、地元の小学生による「最優秀作文の発表」や、三つの海の若手漁業者などによる「ふくおか海づくりメッセージ」などを興味深くお聞きいただきました。

 その後に予定していた、鐘崎漁港での海上歓迎および放流行事は、台風の影響で中止となりました。

 午後、両陛下は今年7月に世界文化遺産に登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の一つである、宗像大社を御訪問されました。本殿の御参拝後、沖ノ島で出土した「鏡」や「玉類」などの国宝を御覧になりました。両陛下は、どの国宝も興味深い御様子で宮司の説明をお聞きになっていました。

 記者会見で知事は「いよいよ行幸啓も明日までとなりました。両陛下にとりまして思い出深いものとなりますよう心から願っているところです」と話しました。

 この日、沿道では、23,000人を超える県民の皆さんが、旗や手を振って、両陛下の御来県を歓迎しました。

宗像ユリックスでの式典の様子

(写真)宗像ユリックスでの式典の様子

あいさつする知事

(写真)宗像ユリックスでの式典であいさつする知事

小学生に声をかける両陛下

(写真)宗像ユリックスでの式典で作文発表を行った小学生にお声をおかけになる天皇皇后両陛下

宗像大社への参拝に向かう両陛下

(写真)宗像大社を訪問される天皇皇后両陛下

宝物を御覧になる両陛下

(写真)国宝を御覧になる天皇皇后両陛下

両陛下を歓迎する皆さん

(写真)宗像大社で天皇皇后両陛下を歓迎する皆さん

10月30日(月曜日)

 10月30日午前、天皇皇后両陛下は、北九州市エコタウンセンターを御訪問されました。両陛下は、説明に熱心に耳を傾けられ、いろいろな質問もされながら、興味深くご覧になりました。

 そして、北九州空港から御帰京いただきました。

 この日も、沿道を中心に多くの人々が訪れ、両陛下の御来県を歓迎しようと、約1万5千人の方々が旗や手を振っていました。

 記者会見で知事は、4日間同行した行幸啓を振り返り、「こうした両陛下のお姿や、両陛下と接した県民の皆さんの顔や反応を見て、両陛下の地域への訪問の重さ、素晴らしさを改めて実感しました」と語りました。また、行幸啓に当たって協力いただいた方々に対して、「大会関係者や地域の方々、関係機関の皆さん、とりわけ、警備関係者などの皆さんにこの場を借りまして厚く御礼申し上げます」と話しました。さらに、県民の皆さんに対しては、「両陛下を迎えていただき、心から感謝申し上げます」と述べました。

 最後に、「この行幸啓が、被災地の皆さんはもとより、県民の皆さんの励みとなり、平成29年7月九州北部豪雨からの一日も早い復旧・復興と、本県水産業の振興をはじめとする県政の発展に繋がることを心から願っています。そして何よりも、今回、御来県いただきました両陛下の、今後ますますの御健勝と御繁栄を心から祈念申し上げます」と話しました。

 今回の4日間の行幸啓では、沿道を中心に5万人を超える皆さんが、旗や手を振って両陛下の御来県を歓迎しました。

エコタウンセンター展示を御覧になる天皇皇后両陛下

(写真)エコタウンセンターで展示を御覧になる天皇皇后両陛下

北九州空港へお入りになる天皇皇后両陛下 北九州空港にお入りになる両陛下

(写真)北九州空港にお入りになる天皇皇后両陛下

両陛下の帰京後に会見を行う知事

(写真)天皇皇后両陛下の帰京後に会見を行う知事

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。