ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 地域福祉 > 地域福祉 > 天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式

天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月18日更新

 毎年、天皇誕生日(12月23日)に際し、天皇陛下より社会福祉事業御奨励の思召しをもって、各都道府県、指定都市の優良民間社会福祉事業団体又は施設に対し金一封が下賜されます。今年は、社会福祉法人東雲会が飯塚市に設置している「ひかる保育園」に対して金員が御下賜され、12月18日に、小川知事から白山理事長に伝達しました。

 知事は、「昭和56年の開園以来、『人と人とのつながり』を基本に保育を行うという理念の下、家庭的な環境で子どもの内面を育てる、質の高い保育を実践してこられました。御下賜金を励みとされ、これからも児童福祉の向上のため、より一層ご尽力いただきますようお願い申し上げます」と式辞を述べました。

伝達の様子

(写真)伝達の様子

受領者

(写真左から)白山康子 社会福祉法人 東雲会 ひかる保育園園長、知事、白山勝也 同理事長

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。