ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 感染症対策 > 感染症情報 > 福岡県における風しん発生状況についてお知らせします
トップページ > 子育て・教育 > 子育て支援 > 妊娠・出産 > 福岡県における風しん発生状況についてお知らせします

福岡県における風しん発生状況についてお知らせします

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

福岡県における風しん発生状況

 ・平成31年第1週から令和元年第42週(平成30年12月31日から令和元年10月20日)までの累積報告数は85人で、年齢階級別、性別、予防接種歴別の内訳は以下のとおりです。(なお、43週以降発生していません)

  ・年齢階級別

   0~9歳:4人、10~19歳:9人、20~29歳:17人、30~39歳:15人、40~49歳:27人、50~59歳:10人、60歳以上:3人

  ・性別

   男性:70人、女性:15人

  ・予防接種歴

   接種歴なし:20人、1回:4人、2回:1人、不明:60人

県内地区別の発生数は、福岡県保健環境研究所のホームページ(新しいウインドウで開きます)をご覧ください。

県内における風しん患者報告数

 平成31年第1週から令和元年第42週(平成30年12月31日から令和元年10月20日)計85名
  県内における風しん患者数(令和元年31週まで)

県内における風しん患者数(令和元年32週から)

県内における風しん患者数(年齢階級別・男女別内訳/累計)

 平成31年第1週から令和元年第42週(平成30年12月31日から令和元年10月20日)計85名
県内における風しん患者数(年齢階級別・男女別)

県内における風しん患者数(予防接種歴別内訳/累計)

 平成31年第1週から令和元年第42週(平成30年12月31日から令和元年10月20日)計85名
県内における風しん患者数(予防接種歴別)


 

県民の皆様向け 情報

 風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。

 症状は、不顕性感染(感染しているが、無症状であること)から、重篤な合併症併発まで幅広い感染症です。

 また、妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれつき心臓に病気がある、耳が聞こえにくい、目が見えにくいなどの障がいのある赤ちゃんが生まれる可能性があります。風しんウイルスの感染によって、うまれてくる赤ちゃんにこのような障がいを起こす病気の総称を「先天性風しん症候群」といいます。

 このため、特に妊娠中の方は、風しんにかからないよう注意することが大切です


 風しんの届出の多くは、30代から50代の男性です。30代から50代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在することがわかっています。

 各年代の風しんワクチン予防接種については、下記の図をご覧ください。

風しん含有ワクチンの定期予防接種制度と年齢の関係

 

 


 妊婦を守る観点から、以下の方は任意で風しんの予防接種を受けることをご検討してください。

 

 (1)特に30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方以外の方

 (2)妊婦の夫、子供及びその他の同居家族

 (3)10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い者)のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方以外の方

 

 また、妊娠希望者、妊婦・妊娠希望者の同居者等で要件を満たす方は、無料で風しん抗体検査を受けることができます。

 風しん抗体検査(無料)については、こちらをご覧ください。(新しいウインドウで開きます)

予防接種ができる医療機関については、「ふくおか医療情報ネット」ホームページをご利用ください。

関連する情報

国の風しん対策

昨年7月以降、風しんが流行しています。患者の中心は30代から50代の男性で、このうち、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、公的な予防接種を受ける機会がなかったことから、風しんの抗体保有率が女性や他の世代の男性に比べ低いことが分かっています。このため、国は、風しん対策として、この年代の男性に、抗体検査と定期接種を受けていただくこととしており、対象者の方には、市町村から順次クーポンが発送されることとなっています。

 事業者の皆さまにおかれましては、従業員の風しん対策のため、以下について、ご配慮をお願いいたします。

(1)従業員が風しんの抗体検査や予防接種のために医療機関等の受診を希望した場合は、ご配慮ください。

(2)入社時などに、予防接種の記録の確認を本人に呼びかけるようにしてください。

(3)職場での感染予防のため、風しんにかかった人の休暇についてご配慮ください。


 

企業の皆様へのお願い

厚生労働省から企業担当者向けに、企業健診での抗体検査の実施拡大に向けたセミナーが実施されました。企業担当者の方は、是非、上記厚生労働省ホームページから資料をご覧ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)