ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > ふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

ふしぎいっぱい自然探検隊を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月15日更新

南筑後地域環境協議会(事務局:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)では、10月29日(日曜日)に、八女市山内で「ふしぎいっぱい自然探検隊(自然観察会)」を開催しました。
はじめに、ふれあいの家南筑後で、植物の素材を使ってしおり作りを行いました。
次に、童男山古墳周辺で、講師や高校生の指導のもと、秋の森で植物の実や動物たちを観察しました。当日は天候がすぐれませんでしたが、観察の時間には雨もあがり、元気な小学生たちは熱心に講師の話を聴いていました。

  • 日時:平成29年10月29日(日曜日)9時20分から12時40分
  • 場所:福岡県立ふれあいの家南筑後(八女市山内1268-2)
  • 参加者総数:32名
 
小学生小学生12名
保護者等(幼児、中学生含む)9名
高校県立伝習館高校生(顧問 木庭先生)6名
市町八女市、筑後市、広川町3名
講師

県保健環境研究所 環境生物課
金子主任技師、石間主任技師

2名

<しおりづくり>
しおりづくりの様子 しおりづくりの様子 しおり
はじめに、高校生のお兄さん、お姉さんと一緒にしおりづくりをしました。
個性豊かなしおりが出来上がりました!

 

 

<自然観察会>
観察の様子 観察の様子 観察の様子
ふれあいの家南筑後を出発し、童男山古墳周辺を探検しました。
色々な植物や動物が観察することができました。

イヌホオズキ シチヘンゲ
左の写真はイヌホオズキです。右の写真はシチヘンゲ(ランタナ)です。

 

見つけた生き物たち

植物

コゼンダングサ、オニグルミ、ネムノキ、トチノキ、コミカンソウ、タチスズメノヒエ、カタバミ、ササクサ、イノコヅチ、ヨモギ、シチヘンゲ、カラスウリ、ヘクソカズラ、アカマツ、ツバキ、イヌビワ
動物ツマグロヒョウモン、アナバチ、アオマツムシ、ツマグロバッタ、ハムシの仲間、トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、ジョロウグモ、ナガコガネグモ、ツチイナゴ、アカハライモリ、オンブバッタ、トビズムカデ、オオカマキリ

<観察会まとめ>
観察のまとめ 観察会まとめ
観察後は、ふれあいの家南筑後に戻り、見つけたドングリの種類を調べました。
ドングリは、アラカシ、コナラ、クヌギ、クリの4種類でした。
また、見つけたオオカマキリについて、他のカマキリとの見分け方等を解説していただきました。

種の観察 種の観察
まとめの後、植物の種がどのようにして遠くへ運ばれるのか、実際に種を飛ばしたり、顕微鏡で観察して調べました。

 

 

<観察会を終えて>
アンケートでは、小学生からは「色々な種類の植物や虫を見ることができた」、「ドングリの違いがわかりました」といった声をいただき、多くの小学生から「またやってみたい」との回答をいただきました。保護者の方からは、「自然をゆっくり感じることができてよかった」、「実際に植物や虫を見つけて解説してもらえてよかった」といった声をいただき、有意義な観察会にすることができました。ご参加いただきありがとうございました。
また、ボランティアで参加していただいた高校生や顧問の先生には、ご協力いただき大変感謝いたします。ありがとうございました。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。