ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 地域福祉 > 地域福祉 > あなたも子どもの学習支援ボランティアに参加しませんか? 福岡県学習支援ボランティア人材バンク【エール】について

あなたも子どもの学習支援ボランティアに参加しませんか? 福岡県学習支援ボランティア人材バンク【エール】について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

県では、子どもの学習支援事業にご協力いただける「学習支援ボランティア」を募集しています

 県では、貧困の世代間連鎖を防止するため、教育、生活、保護者の就労、経済的支援を柱として、子どもの貧困対策に取り組んでおり、この取組みの一環として、生活困窮世帯の子どもの学習支援事業を実施しています。また、このほかにも県内の多くの自治体で子どもを対象とした学習会が開かれています。

 こうした学習支援事業や学習会を実施するためには、大学生や教員OBなどの「学習支援ボランティア」の皆さまの協力が必要ですが、思うようにボランティアが集まらない自治体も多いのが現状です。

 そこで県では、平成29年度から、学習支援ボランティアを県が一括して募集し、希望者を人材バンクに登録するとともに、登録者と学習支援事業実施自治体とのマッチングを行う「福岡県学習支援ボランティア人材バンク事業」を実施しています。

 本事業の実施に伴い、「人材バンク【エール】」のホームページを開設しています。「人材バンク【エール】」を通じて、学習支援に協力いただくボランティアを確保することで、各自治体で行う学習支援事業の安定的な運営を図ります。

 「人材バンク【エール】」では、子どもの学習支援に協力いただけるボランティアを広く県内から募集しています。学習支援ボランティアに興味や関心がある皆さまからのたくさんの応募をお待ちしております。


 (注)この事業は、特定非営利活動法人ワーカーズコープに業務委託して実施しています。

人材バンク【エール】のホームページはこちら


人材バンクへの登録に関する問合せ先

福岡県学習支援ボランティア人材バンク【エール】
電話番号:092-409-1263
電子メール::fukuoka-yell@roukyou.gr.jp


参考資料


(参考)生活困窮世帯の子どもの学習支援事業について

(1)概要
生活困窮者自立支援法に基づき、生活保護世帯及び生活困窮世帯の小中学生を対象に、大学生や教員OB等のボランティアの協力のもと、公共施設において、週1~2回、2時間程度、宿題や予習復習といった学習習慣のほか、社会性を身につけさせることを目的とした事業。(H30年11月時点、33市町で実施)

(2)実施主体
 県(郡部を所管)及び政令市を含む市が、国庫補助(1/2)を受けて実施


(3)支援体制
 受託事業者職員(コーディネーター。直営の場合自治体職員)が、参加児童の状況にあわせた学習支援内容を企画。学習会場では現場責任者としてボランティアの協力を得ながら学習支援を実施。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)