ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019の福岡開催決定について

世界フィギュアスケート国別対抗戦2019の福岡開催決定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

 福岡県では、「グランプリファイナル国際フィギュアスケート競技大会2013」に続く県内で2回目のフィギュアスケート国際大会として、「世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」の誘致を、福岡県スケート連盟と連携し、進めてまいりました。
 9月25日9時20分、日本スケート連盟 橋本会長の代理の方から、本大会の福岡開催決定の連絡がありました。
 これを受けて、小川知事は、記者団に対し「県民の皆さまや九州の皆さまだけでなく、日本全国の皆さまにトップアスリートの見事な演技を見ていただくことは、元気や感動、また子どもたちに夢や希望を与えるものです。加えて、今回の決定については、平成29年九州北部豪雨災害や台風18号の九州の災害からの復興を支援するという日本スケート連盟の想いもあり、私どもとしては、地域の皆さんや関係機関と共に復旧・復興を急ぎ、世界の皆さま、全国各地の皆さまに、復興した姿を見ていただき、これまでの支援のお礼としたいと考えております」と述べました。

連絡を受ける知事
(写真)開催決定の連絡を受ける知事

<世界フィギュアスケート国別対抗戦2019の概要>

【日時】

 平成31年4月11日(木曜日)~14日(日曜日)

【場所】

 マリンメッセ福岡(福岡市博多区)

【主催】

 国際スケート連盟(ISU)

【主管】

 公益財団法人日本スケート連盟(JSF)

【大会概要】

  • 2年に1回、4月に開催される国際大会。ランキング上位6カ国によるチーム戦。
  • 各国男子シングルス2名、女子シングルス2名、ペア1組、アイスダンス1組の4種目8名が出場。
  • 今年4月に開催された2017大会では、羽生結弦選手、宇野昌磨選手、三原舞依選手などの活躍により、日本が2度目の優勝。
    [2017出場国]日本・ロシア・アメリカ・カナダ・中国・フランス

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。