ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 本庁組織(部局別)一覧 > 社会活動推進課 > 大学生災害ボランティア支援センター(宿泊型活動拠点)2次募集開始しました!

大学生災害ボランティア支援センター(宿泊型活動拠点)2次募集開始しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月26日更新

○ 福岡県では、北九州市立大学、西南学院大学、NPO法人ANGEL WINGSと協働で、平成29年7月九州北部豪雨による被災地を支援するため「大学生災害ボランティア支援センター(うきはベース)」を7月22日に開設しました。

○ 現在、県内外から多くのボランティアが駆けつけていますが、今もなお被災家屋の復旧や在宅被災者の生活支援に多くのボランティアの力が求められています。

  是非、大学生のボランティア参加をお願いしたく、パッケージプランを用意しました。個人、大学やグループ単位(2名以上)でのご応募をお待ちしています。

○ また、1次募集の期間を8月3日までに延長します。(参考:第一次募集について)

 

〔募集内容〕

1 募集定員  

  40名(男性20名、女性20名)

   ※定員を超える場合は、ご相談ください。ukiha

 

 

2 募集期間(基本は3泊4日のパッケージプラン)

   (1)8月 4日金曜日 から  7日月曜日

   (2)8月 7日月曜日 から 10日木曜日

   (3)8月10日木曜日 から 13日日曜日

   (4)8月18日金曜日 から 21日月曜日

   (5)8月22日火曜日 から 25日金曜日

   (6)8月26日土曜日 から 29日火曜日

  ※(1)から(6)の期間を基本としますが、この期間に関わらず、短期・長期での希望がございましたら下記事務局までご相談ください。

 

3 集  合  

  うきは市ムラおこしセンター(うきは市吉井町983番地1)

    ※宿泊初日の16時から18時までの間にお越しください。

 

4 申込方法 

  宿泊開始の3日前の15時までに下記の事務局までに申請書をメールに添付の上、送付願います。

 

5 活動内容

  センターの運営は基本的に大学生が行い、大学、NPO及び福岡県が支援をしています。

  ○ボランティア活動

   ・被災家屋の復旧作業、避難所の支援(健康づくり、子どもの遊び場づくり、生活環境整備など)、在宅被災者の生活支援など。

  ○ 意見交換・協議

   ・学生同士でその日の活動をふり返り、今後の活動について話し合います。

 

6 参加費

  無料(※食費などは自己負担でお願いします。)

 

7 周辺環境 

  付近に食事処や温泉、コインランドリー等があります。

 

8 その他 

  詳細は別紙をご参照ください。

大学生災害ボランティア支援センター実行委員会事務局(福岡県NPO・ボランティアセンター内)

〇お問い合わせ TEL 092-631-4412  

〇お申し込み  nvc@pref.fukuoka.lg.jp

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)