ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品・医療機器 > C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給について

C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月15日更新

C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給について

過去に、妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血をした方などの中には、特定フィブリノゲン製剤や特定血液凝固第9因子製剤の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染した方が多数います。

こうした感染被害者の方々に対し、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法(C型肝炎特別措置法)」に基づき給付金の支給が行われています。

給付金の支給を受けるためには、国を相手にして、裁判所への訴訟の提起などをすることが必要です。

詳しくは、以下の相談窓口にご連絡ください。

給付金に関する相談・お問い合わせ

厚生労働省 フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

フリーダイヤル 0120-509-002

受付時間 9時30分から18時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 給付金支給相談窓口

フリーダイヤル 0120-780-400

受付時間 9時00分から17時00分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

給付金請求期限の延長について

給付金の請求期限の延長を行う一部改正法(特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律(平成29年法律第85号))が2017年(平成29年)12月15日に公布・施行されました。

 

これにより、給付金の支給の請求の期限は、次に掲げる日のいずれか遅い日までに延長されています。
 

(1)2023 年(平成35 年)1 月16 日


(2)損害賠償の訴えの提起又は和解若しくは調停の申立て(その相手方に国が含まれているものに限る。)を2023 年(平成35 年)1 月16 日以前にした場合における当該損害賠償についての判決が確定した日又は和解若しくは調停が成立した日から起算して一月を経過する日

福岡県における肝炎ウイルス無料検査について

福岡県ではB型及びC型肝炎ウイルス検査を無料で実施しています。

詳しくは、「福岡県における肝炎ウイルス無料検査について」をご覧下さい。

給付金に関するホームページ

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)