ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > ベトナム向け輸出ナシの取り組みを開始

ベトナム向け輸出ナシの取り組みを開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月28日更新

 今年からJA筑前あさくら なし部会が、JA、日本航空グループ、福岡県の三者と連携して、ベトナム向け輸出ナシの取り組みを開始しました。ベトナムは東南アジア諸国の中でも経済成長が著しく、本県農産物の市場開拓が期待できる国の一つです。

このため、福岡県のベトナム人留学生を対象としたナシの試食会を開催することで、ベトナム人のナシに関する嗜好や現地における販売の価格帯を調査しました。

試食会は、九州大学(9月20日)と日本経済大学(9月25日)で行い、計21名のベトナム人留学生が参加しました。試食会で提供したナシは、朝倉管内で栽培されている品種の中でも日持ちが良い輸出に適した中晩生品種「豊水」「あきづき」「新高」の3品種で、JAと普及指導センターが品種の由来や特徴などを説明しました。ベトナム人留学生からは、「新高が美味しい」「香りが強いものが良い」「食感は硬い方がいい」など、今後の参考となる多くの意見が寄せられました。また、試食会後、「これまで日本のナシを食べたことがありますか」「現地でいくらなら買いますか」などの項目を設けたアンケート調査を実施しました。これらの結果から、次年度のベトナムにおける輸出・販売の方向性を関係機関で検討していきます。

 今後も普及指導センターでは、輸出に対応した栽培管理や試食会等での情報提供などナシの輸出促進に向けた支援を行っていきます。

ナシの説明(日本経済大学)
試食の様子(九州大学)

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。