ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 鉢物リンドウの出荷最盛期!

鉢物リンドウの出荷最盛期!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月13日更新

豪雨災害を乗り越え産地オリジナル品種を出荷

 JA筑前あさくら鉢花部会リンドウ研究会では、10名の生産者が「敬老の日」向けの鉢物リンドウを栽培しています。花色が全国的にも珍しい白と青のストライプの「白寿(はくじゅ)」を中心に、昔から根強い人気の「福寿盃(ふくじゅはい)」や、小輪でピンク色が可愛い「心美舞(ここみまい)」等が生産されています。いずれも他の産地にないオリジナル品種であり、研究会の大きな強みになっています。

 苗の定植が終わった7月、豪雨により2戸のほ場が被災しました。研究会員が集まってリンドウに被った泥を洗い流し、病害の予防防除をしたり、ほ場の泥をかき出す等の復旧支援を行いしました。その結果、何とか出荷を始めることができました。

 普及センターでは定期的な講習会や巡回指導を通じて、栽培管理や病害虫防除を支援しました。今年は7月から8月上旬が平年より高温傾向だったため、株枯や花芽の発達の遅れが心配されました。そこで、施肥を少なくし、葉水をかける等の対策を行うことで、高温の影響を抑えるように努めました。こうした生産者の努力が実り、敬老の日前に出荷のピークを迎えられそうです。

今後も普及指導センターは、巡回指導や栽培管理の調査などを行い、リンドウの安定生産の支援を行っていきます。

リンドウに被った泥を洗い流す生産者
リンドウにラベルをつけ、ケースに入れて出荷作業をしている様子

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)