ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 本庁組織(部局別)一覧 > 福岡県糸島保健福祉事務所 > 自動体外式除細動機(AED)の普及について 「AEDを使用して救命された事例がありました」

自動体外式除細動機(AED)の普及について 「AEDを使用して救命された事例がありました」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月10日更新

AEDの使用による救命事例

平成29年11月6日に糸島市内のゴルフ場で78歳の男性が心配停止状態となった時に、その場に居合わせた御夫婦が、男性の異変にいち早く気づき、ゴルフ場職員へ事故発生を知らせると同時に、迅速な胸骨圧迫を開始されました。ゴルフ場の職員5名が、消防署への通報とAEDによる電気ショック、胸骨圧迫を交代で行った結果、救急隊が到着した時には、心拍及び呼吸が確認されました。

市民が連携して救命手当てを行い救急隊へ引き継いだ結果、男性は救命され、後遺症もなく社会復帰をされました。

 

(糸島消防本部での表彰式の様子)  

  1 2

  3                   

救命講習会の開催

平成16年7月1日から心停止者に対する救命率の向上を図るため、非医療従事者についてもAEDの使用が認められています。

当所では平成17年度から毎年、糸島市に居住又は勤務する介護施設・福祉施設職員を対象に講習会を開催し、AEDの普及啓発に努めています。

(昨年の様子)

  aed

*市民による心肺蘇生とAEDの利用により、生存率の向上が報告されています(総務省消防庁報道資料より)。

  皆さんも、この機会にAEDについて考えてみませんか?

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。