ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > JAふくおか八女なし部会が福岡県GAP認証を取得

JAふくおか八女なし部会が福岡県GAP認証を取得

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月22日更新

ブランド力・生産性向上に期待

県GAP認証取得に向けた打合せの様子
県GAP認定証を手にする大坪部会長

 令和元年11月、JAふくおか八女なし部会(部会員数95名:大坪部会長)が福岡県GAP認証を取得しました。GAP(農業生産工程管理)とは、農業生産活動の持続性確保や農業経営の改善につなげる手法であり、「GLOBALG.A.P.」や「JGAP」、「各都道府県GAP」等の第三者認証があります。

 同部会では、このGAPを活用して、ブランド力・生産性向上に取り組もうという気運が高まり、平成30年度から部会全体で県GAP認証取得に向けて取り組んできました。生産者はこのGAP取得に取り組むなかで、農薬や機械の適正な管理・使用方法の再認識、ケガや事故の発生する恐れがある危険作業・場所の明確化等を行うことができました。そして、今後もGAPの取り組みを継続することで、なし生産活動の持続性確保・経営の改善が期待されます。

 八女普及指導センターは、JAや県庁食の安全・地産地消課と連携し、GAP点検シート等必要書類の作成支援、生産者に対するほ場・倉庫等の個別巡回指導等で取得を支援しました。今後も関係機関と連携して、八女地域の農業振興を支援していきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。