ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 八女市立花町の農事組合法人「北山」が大豆初収穫!

八女市立花町の農事組合法人「北山」が大豆初収穫!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月18日更新

経営安定めざして大豆を導入

八女市立花町で唯一の集落営農法人である農事組合法人「北山」では、設立から3年目となる本年、初めて栽培に取り組んだ大豆の収穫を迎えました。

(農)北山は平成29年5月に設立され、立花町北山地域を中心とした約17haで小麦を作付けている集落営農法人です。さらなる経営の安定・多角化のために、大豆栽培への取り組みについて協議を重ねてきた結果、本年、試験的に60aの栽培に取り組みました。立花町での大豆の作付けはこれまでほとんどなかったため、普及指導センターは、JAや市と連携して、昨年度から検討会や勉強会による導入支援を行ってきました。

組合長は、「初めての大豆への挑戦は、7月下旬の播種直後の大雨や8月の日照不足、台風などの気象条件に泣かされたが、法人で取り組めることが分かった。本年の反省を踏まえた上で、来年度以降も引き続き取り組み、拡大についてはこれから法人内でしっかり検討して行きたい」と意欲的に話されていました。

八女普及指導センターでは、今後も法人の運営について経営・技術の両面から関係機関と協力して、地域を支える組織づくりに向けた支援を行っていきます。

事前打ち合わせの様子
大豆の収穫風景

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。