ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 「福岡の八女茶」最高峰を目指して

「福岡の八女茶」最高峰を目指して

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日更新
香気審査の様子
外観審査の様子

 令和元年度福岡県茶共進会が、福岡県茶生産組合連合会および全国農業協同組合連合会福岡県本部の共催により5月15日(煎茶の部)及び5月24日(玉露の部)にJA全農ふくれん茶取引センターにおいて行われました。

 本共進会は、県域規模で開催される唯一の茶品評会で、県内茶生産者が生産技術と品質の向上を図り、本県茶業の発展に寄与することを目的として、昭和38年から毎年開催されており、11月に行われる茶園共進会とともに約半世紀の歴史があります。今年度は、煎茶の部に140点、玉露の部に80点が出品され、外観(形状・色沢)や内質(香気・水色・滋味)について、15名の審査員による厳正な審査が行われました。

 その結果、煎茶の部では八女市上陽町の樋口龍也氏、玉露の部では八女市矢部村の栗原昭夫氏が1位に輝き、各々に農林水産大臣賞が授与される予定です。褒賞授与式は、令和2年1月21日に「おりなす八女」において開催されます。出品茶は、後日茶取引センターに上場され、最高落札額は、煎茶が45,100円/kg、玉露が110,000円/kgと軒並み高値で落札されました。

 普及指導センタ-は、この共進会に審査員や審査補助員として参画しており、高品質なお茶の生産・加工技術の向上を図り、八女茶振興を支援していきます。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。