ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > JAふくおか八女とまと部会中間検討会が開催

JAふくおか八女とまと部会中間検討会が開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月17日更新
生産ほ場視察の様子
中間検討会の様子

 平成31年4月9日にJAふくおか八女とまと部会中間検討会が開催され、とまと部会役員と市場4社、JAふくおか八女、普及指導センターから22名が参加しました。

 出席者は、まず八女市の大玉トマトの生産ほ場を2か所視察し、本年産の生育状況を確認するとともに、今後の出荷動向について情報交換を行いました。

 その後の検討会では、JAふくおか八女から本年産の生産状況や出荷状況について報告が行われたのち、それぞれの市場から販売経過と今後の情勢説明が行われました。そこでは、大型連休や春先に向けた生産販売対策や試験品種等について、活発な意見交換が行われました。特に、市場からは、大型連休や春先に向けて、品質の維持と安定出荷についての要望が強く出されました。産地としては、品質の維持を行いながら安定出荷を図られるよう、出荷時の着色基準を守り、ハウス内温度を適正に管理する等の対策を取ることが話し合われました。

 当センターでは、今後も関係機関と協力し、トマトの安定出荷技術の普及と新規生産者の確保により、トマト産地の維持・拡大を図ります。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。