ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 高校教育 > 県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画

県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

 福岡県教育委員会では、福岡県県立学校教育振興計画審議会からの答申に基づき、県立高等学校の再編整備を推進しています。
 県立高等学校の再編整備に当たっては、平成11年度に「県立高等学校再編整備基本計画」、平成12年度に「県立高等学校再編整備に関する第一次実施計画」を策定し、計画を推進してきたところですが、このたび新たに「県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画」を策定しましたのでお知らせします。


県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画

平成17年3月23日
福岡県教育委員会

1 これまでの経緯
2 「県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画」の趣旨
3 学校・学科の再編成
4 教育内容・教育環境の改善・充実等


1 これまでの経緯

 福岡県教育委員会は、社会の変化や中学校卒業者数の急激な減少など県立高等学校教育が直面している様々な課題に対応し、21世紀を築く人づくりを担う県立高等学校の将来像を示すものとして、平成11年12月に「県立高等学校再編整備基本計画」(以下「基本計画」という。)を策定した。基本計画では、平成20年度までを整備期間と定め、生徒がそれぞれの学習希望等に応じて学ぶ内容を主体的に選択することを中心に据えた「柔らかで多元的な教育システム」への転換を推進することとしている。
 さらに平成12年12月には、基本計画に基づき、「県立高等学校再編整備に関する第一次実施計画」(以下「第一次実施計画」という。)を策定した。第一次実施計画では、中学校卒業者数の減少傾向等から平成17年度までに着手する必要がある学校・学科等の再編成計画に加え、すべての県立高等学校を対象に平成20年度までの整備期間を通して取り組むべき教育内容・教育環境の改善・充実に関する諸施策などを示した。
 この第一次実施計画に基づき、学校・学科の再編成については、平成15年度から17年度にかけて総合学科高校や中高一貫教育校などを設置するとともに、教育内容・教育環境の改善・充実については、学科・コースの改編、学校自己評価制度や学校評議員制度の導入など高校教育改革に資する各般の取組を推進してきた。

2 「県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画」の趣旨

 学校・学科の再編成については、第一次実施計画に示した内容を平成17年度までに実施したところであるが、同計画では、平成18年度以降に残された課題として、第3学区、第4学区及び第8学区における職業系専門学科の在り方等について検討が必要であることを提起した。このため、平成18年度以降の取組について、第一次実施計画の成果や課題及び最新の中学校卒業者数の動向等を踏まえ、職業系専門学科の適正配置や役割分担等の観点から検討してきた。
 その結果、これらの学区における学校・学科の再編成が必要であるとの結論に達し、今回、「県立高等学校再編整備に関する第二次実施計画」(以下「第二次実施計画」という。)を策定することとした。
 本第二次実施計画は、平成20年度を目途に実施する第8学区における学校の再編成を示すとともに、第3学区及び第4学区における工業に関する学科の改編等をまとめたものである。

3 学校・学科の再編成

第3学区、第4学区及び第8学区において、生徒一人一人の多様な興味・関心、能力・適性、進路希望等に応じた望ましい教育を展開するため、社会状況の変化や中学校卒業者数の動向を踏まえ、次の学校・学科の再編成を実施する。

<第8学区>

 朝倉農業高校と朝羽高校の2校を統合し、普通科及び農業に関する学科を有する総合型高校(※)を設置する。新高校では、進学から就職まで生徒の幅広い進路希望に対応できる特色ある普通教育及び農業教育等を展開する。

朝倉農業高校(農業科・家庭科)[甘木市]

朝羽高校(普通科・産業技術科I)[朝倉郡杷木町]

新高校【総合型高校】(普通科・農業に関する学科)

※ 総合型高校
 複数の学科を併置し、学科間の教科・科目の相互履修(総合選択制)を可能とする学校。
 各学科の系統的な普通教育及び専門教育の機会を確保しながら、生徒の進路希望等に応じて複合的な教育が実践できる点が特徴。

【再編成の実施手順】

 第8学区における新たな学校づくりに関しては、第一次実施計画と同様に再編成対象校の校長等により構成する「新高校準備委員会」を設置し、本計画の方向性に基づいて、学科構成の詳細や具体的な教育内容等についての検討を行う。
 この新高校準備委員会での検討結果を踏まえ、県教育委員会が、設置年度や設置場所等をはじめとする新高校の具体的な内容を「新高校設置計画」として決定し、設立準備を行うこととする。
 なお、第一次実施計画での課題を踏まえ、できるだけ早期に開校準備を行うよう努める。

 新高校準備委員会の設置
  ・学科構成、教育内容等の検討
    ↓
 新高校設置計画の決定・公表
  ・新高校の概要、設置年度、設置場所等の決定
    ↓
 新高校設立準備室の設置
  ・教育課程、運営方針、校名等の検討
  ・施設・設備整備方針の検討
  ・生徒募集に向けた広報活動    等 具体的な開校準備
    ↓
  開校

<第3学区及び第4学区>

 第3学区の小倉工業高校及び戸畑工業高校並びに第4学区の八幡工業高校については、従来の産業基盤に加え環境・自動車関連産業等の集積も進みつつある北九州地域の多様な産業動向を踏まえ、各校の果たすべき役割を明確化し産業界の期待に応える人材育成を図る観点から、学科改編を実施する。
【学科改編の実施手順】
 学科改編に当たっては、生徒の実態や進路希望、地元産業界関係者・有識者の意見等を踏まえ、各校の教育内容等を検討することとする。

 生徒の実態や進路希望の把握
 地元産業界関係者・有識者の意見聴取
    ↓
 各校の教育内容等の検討
    ↓
 学科改編の実施

4 教育内容・教育環境の改善・充実等

 すべての県立高等学校における特色化、活性化を一層推進し、魅力ある学校づくりを行う観点から、特色ある学科・コースの設置、職業系専門学科の改善・充実及び全日制単位制の導入等第一次実施計画で示した諸施策を今後も引き続き推進する。
 なお、県立高等学校再編整備計画を推進するに当たっては、関係地域をはじめ幅広い県民の理解と協力を得ることが重要である。このため、これまで計画の進捗状況に応じて、説明会の開催、パンフレットの配布等多様な広報活動に努めてきた。
 今後、新高校準備委員会等における検討経過をはじめ再編整備の進捗状況について積極的な情報提供を行い、学校関係者をはじめ広く県民への周知を図り、その理解を得ながら再編整備の推進に努めていく。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)