ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 観光・物産 > 観光振興 > 北九州市長とのトップ会談を行いました

北九州市長とのトップ会談を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月16日更新

 8月16日、福岡県庁において、小川知事と北橋北九州市長がトップ会談を行い、宿泊税について合意書を取り交わしました。

 会談後の取材において、知事は「本日、北橋市長と、宿泊税について直接話し合いを行い、北九州市域においては、県と市の役割分担、事業のあり方を調整し、宿泊税200円のうち県が50円、市が150円とすること、宿泊事業者の負担軽減という観点から、北九州市に県分もまとめて徴収していただくこと、この2点について、合意しました。県においては、今回の北九州市との調整結果を踏まえ、条例の改正が必要となるため、9月議会での条例改正に向けて、準備してまいります。また、総務省との協議や宿泊者、宿泊事業者の方々への周知については、精力的に、北九州市とも緊密な連携を取りながら進めてまいります」と述べました。

トップ会談後取材を受ける小川知事と北橋北九州市長

(写真左から)トップ会談を終えて取材を受ける知事と北九州市長

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。