ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 交通基盤 > 道路 > 東九州自動車道4車線化の早期事業化について中央要望を行いました

東九州自動車道4車線化の早期事業化について中央要望を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月22日更新

 7月22日、小川知事は、東九州自動車道4車線化の早期事業化に向け、国土交通省に対し要望を行いました。
 知事は、「平成30年7月豪雨では、東九州自動車道の暫定2車線区間で、上下線に土砂が流出し、通行止めが33日間の長期間に及びました。また、暫定2車線区間は、死亡事故率が4車線以上の区間の約2倍であり、事故による通行止めが発生しています。さらに、速度低下率が25パーセント以上の区間が多いなど、課題が顕在化していることから、一日も早い、東九州自動車道の4車線化をお願いします」と要望しました。

【参加者】
小川洋 福岡県知事、栗原渉 福岡県議会議長、片岡誠二 福岡県議会県土整備委員会委員長、田中純 行橋市長(東九州自動車道福岡県北東部建設促進協議会会長)、新川久三 築上町長(同会監事)、遠田孝一 苅田町長(同会理事)、井上幸春 みやこ町長(同会理事)、花畑明 吉富町長(同会理事)、川口彰 上毛町副町長(上毛町長代理)、中川裕次 豊前市産業建設部長(豊前市長代理)

関係者とともに、山田技監へ要望書を手渡す知事

(写真)山田邦博 技監へ要望書を手渡す知事

(写真左から)中川裕次 豊前市産業建設部長、川口彰 上毛町副町長、花畑明 吉富町長、片岡誠二 福岡県議会県土整備委員会委員長、栗原渉 福岡県議会議長、知事、山田邦博 技監、田中純 行橋市長、遠田孝一 苅田町長、新川久三 築上町長、井上幸春 みやこ町長

関係者とともに、道路局長へ要望書を手渡す知事

(写真)池田豊人 国土交通省道路局長へ要望書を手渡す知事

(写真左から)川口彰 上毛町副町長、中川裕次 豊前市産業建設部長、片岡誠二 福岡県議会県土整備委員会委員長、栗原渉 福岡県議会議長、知事、池田豊人 国土交通省道路局長、田中純 行橋市長、新川久三 築上町長

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)