ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 被災者支援 > ふくおかDPATの派遣に関する協定を締結しました

ふくおかDPATの派遣に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月4日更新

 3月4日、県内の大学病院などとの間で、災害派遣精神医療チーム「ふくおかDPAT(※1)」の派遣に関する協定を締結しました。
 小川知事は、「本日の協定締結を契機として、関係団体の皆さまと一緒になって、『安全・安心で災害に強い福岡県』をつくっていきたいと思います」とあいさつしました。
 今回の協定により「ふくおかDPAT」として締結先職員の派遣が可能となり、災害時における被災した精神科医療機関に対する支援や被災者のこころのケアへの対応など、発災直後から中長期にわたる精神保健医療の支援体制が県全体で整備されます。
〔協定締結先〕
 (一社)福岡県精神科病院協会(※2)、九州大学病院、福岡大学病院、久留米大学病院、産業医科大学病院及び(一財)医療・介護・教育研究財団(※3)

締結の様子
(写真)締結の様子

記念撮影
(写真左から)上野高史 久留米大学病院副病院長、平江智博 (一財)医療・介護・教育研究財団理事長代行、井上亨 福岡大学病院病院長、知事、冨松愈 (一社)福岡県精神科病院協会会長、尾辻豊 産業医科大学病院病院長、須藤信行 九州大学病院副病院長

※1 DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team災害派遣精神医療チーム)とは、自然災害や航空機・列車事故、犯罪事件などの集団災害の後、被災地域に入り、精神科医療及び精神保健活動の支援を行う専門的な研修・訓練を受けたチームの総称で、精神科医師、看護師、業務調整員(ロジスティクス)などで構成される。

※2 (一社)福岡県精神科病院協会:福岡県内125の精神科病院及びクリニックなどが加盟

※3 (一財)医療・介護・教育研究財団:福岡県立精神医療センター太宰府病院の指定管理者

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。