ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 福岡県宅建協会と「空き家流通の促進に関する協定」を締結

福岡県宅建協会と「空き家流通の促進に関する協定」を締結

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月27日更新

 4月27日、福岡県は、公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会との間で、県内市町村の「空き家流通の促進に関する協定」を締結しました。
 この協定は、県内全域の空き家情報を集約するシステムを構築することで、空き家の市場流通に取り組む市町村を支援するために締結されたものです。 
 小川知事は、「老朽空き家がなるべく発生しないようにするためには、空き家が使えるうちに利活用し、市場に流通させることが重要です。今後も、県と福岡県宅建協会が互いに連携しながら取り組んでいきたい」とあいさつしました。

署名の様子
(写真)締結式の様子

知事と宅地建物取引業協会会長
(写真左から)知事、福岡県宅地建物取引業協会 加藤会長

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。