ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 県営住宅 > 平成29年7月九州北部豪雨による被災者に対する住宅支援について

平成29年7月九州北部豪雨による被災者に対する住宅支援について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月7日更新

平成29年7月九州北部豪雨による被災者に対して住宅支援を実施します

福岡県では、平成29年7月九州北部豪雨による被災者を対象として、住宅相談や県営住宅への一時入居の手続きのため、「被災者住宅支援窓口(相談窓口)」を開設しています。

開設場所等

場所     福岡県庁建築都市部県営住宅課(7階南棟)(福岡市博多区東公園7-7)

開設日   平成29年7月7日(金曜日)
電話番号  092-643-3870

開設時間  8時30分から17時15分(土曜日、日曜日、祝日も開設)

相談内容

  • 入居可能な県営住宅、県公社賃貸住宅等の情報提供
  • 県営住宅の一時入居申込み手続き

対象者等

 (1)対象者
   平成29年7月九州北部豪雨により住宅が全壊、半壊、一部損壊、床上浸水の被害を受け、引き続き住むことができず住宅に困窮している方

 (2)一時入居期間
   入居後6ヶ月

 (3)家賃等
   家賃は無料です。敷金、連帯保証人は不要です。

   (注)電気、ガス、水道代と共益費は自己負担となります。

   (注)入居される被災者が当面必要な寝具等を提供します。

   (注)鍵は福岡県住宅供給公社でお渡しします。

必要な確認書類

 (1)罹災証明書(後日の提出で可)
 (2)本人確認できる書類(運転免許証等)

   (注)相談・受付は、電話で可能です。一時入居の申請書や本人確認できる書類の提出は鍵渡しの際で結構です。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。