ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 「自然ふれあい観察会inいとしま」を開催しました!

「自然ふれあい観察会inいとしま」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日更新

活動報告

 筑紫・糸島地区地域環境協議会(事務局:福岡県筑紫保健福祉環境事務所)では、自然環境について理解を深めることを目的に「自然ふれあい観察会inいとしま」を開催しました。この観察会は、雷山川河口の砂干潟と加布里の泥干潟の二か所で行い、それぞれの干潟に暮らすたくさんの生きものに出会いました。

 その中では干潟に跡をつけて動くヘナタリ(巻貝)やシオマネキ、カブトガニの幼生にも出会うことができました。また、ハマグリやカブトガニの話など実物に触れながらお話を聴きました。

  • 開催日時:平成28年9月11日(日曜日) 9時半から13時
  • 開催場所:糸島市 雷山川河口付近の干潟
  • 参加者数:31名(大人15名・子ども16名)

自然観察

 糸島市役所本庁舎に集合した参加者は、バスで干潟へ移動しました。

糸島市役所に集合しました バスで干潟に移動します

 

【雷山川河口干潟:砂干潟】

 雷山川河口の砂干潟ではいろんな種類のカニや貝を見ることができました。干潟では、参加者が目を凝らして観察する様子や、見つけた穴に何か生きものが隠れていないかショベルで掘っている様子が見られました。九州大学大学院生態工学研究室で干潟の環境や保全の研究をされている清野聡子准教授から、干潟に暮らすたくさんの生きものたちや豊かな干潟を育む環境のお話しを聴きました。

お話をされる清野准教授 砂干潟で目を凝らして生き物を探しています 生きもの探しの様子です 

 「見つけた生きもの自慢会!」では、 見つけたガザミやシオマネキ、アナジャコなどの自慢をしてもらいました。希少生物でもあるヘナタリ(巻貝)をバケツにいっぱい見つけたお子さんもいました。

 干潟に潜るカニの目は砂に押しつぶされないように横に倒れるようになっているそうです。ちょっと触ってみると目はピュッと横に倒れました!!

干潟を掘って生きものを探すこども 生きものの入ったバケツを運ぶこども 干潟で生きものを探す親子

見つけた生きものの自慢をしています バケツの中から生き物を取り出しています バケツの中のカニ

 

 ハマグリの保全をされている糸島漁協田中支所長からハマグリのお話しを聴きました。1年で約1センチ大きくなるハマグリは大事に育てられていました!!

 ハマグリに触れる子供たち

 

【加布里の泥干潟:小富士交差点西側】

 いつもは立ち入ることのできない干潟ですが、今回は特別に許可をいただき、泥干潟の観察をしました。カブトガニの産卵場所になっているとのことです。

 糸島の干潟にやってくるカブトガニを長年調査されている塩川さんから、カブトガニの産卵や幼生などのお話しを聴きました。甲羅の標本にも触ってみました。

カブトガニの話をされる塩川さん カブトガニの甲羅の標本に触れる子供たち

 泥干潟では、カブトガニの幼生を見つけることができました。甲羅の直径は3センチ弱くらいで2~3回脱皮をしたところ・・のようです。小さくても立派な兜(カブト)におおわれていました。カブトガニは名前にカニとつくけれど、クモやサソリの仲間だそうです。

 また「干潟のぬかるみにいぼる(はまる)!」ということも経験しました。

3センチほどのカブトガニの幼生 泥干潟で生きものを探しています 泥干潟で生きものを探しています

 

【出会った生きものたち】

(カニの仲間) ハクセンシオマネキ、コメツキガニ、チゴガニ、ヒライソガニ、オサガニ、ガザミ

(エビの仲間) アナジャコ、テッポウエビ

(貝の仲間)  ウミニナ、ヘナタリ、フトヘナタリ、オキシジミ、ハマグリ

(その他)   カブトガニ、アオサギ、ハマボウの実 など。

 

参加者の皆様の声

(お子さまより)

・たくさんの生きものがいて、カニや貝を見つけたこと、泥んこになったことが楽しかった。

・カニの目が上にあがっていたこと、シオマネキのハサミのアピールのこと、カブトガニのことがわかった。

・カブトガニをさわれてうれしかった。

・水辺にはたくさんの生きものがいる。

・生きものにはきれいな水が必要だ。                  

(大人の方より)

・干潟にたくさんの種類の生きものがすんでいることがわかり、詳しい説明も聴けた。

・干潟に入る機会が今までになく、良い体験ができた。

・カブトガニに興味があり、普段立ち入れない場所で観察できたのは良かった。

・生きものの話を聴いたり、自分で探したりしたのが楽しかった。

・この泥んこの状態をどうしよう。

・家からの排水にも意識を向ける。水を汚さないようにする。温暖化が進まないようエコな生活をする。

 生きものを捕まえても逃がすようにする。                                   などなど    

【参加者の皆様】

参加者の皆様

 暑い中での活動であり、干潟と格闘する場面もありましたが、皆様のご協力のもと、無事観察会を終えることができました。

 たくさんの生きものに出会えて楽しかったというお声もいただき、短い時間ではありましたが、自然に触れ合う貴重な時間を過ごすことができました。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。