ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > エネルギー・温暖化対策 > 再生可能エネルギー > 福岡県、春日市、国立大学法人九州大学との温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定締結式

福岡県、春日市、国立大学法人九州大学との温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定締結式

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

 10月20日、県と春日市、国立大学法人九州大学との間で「温室効果ガス排出削減に係る連携と協力に関する包括協定」を締結しました。
 今後、春日市内の複数の公共施設および九州大学筑紫キャンパスに、太陽光発電設備、蓄電池を設置し、これらを自営線で繋ぎ、独自のエリア・エネルギー・マネジメント・システム(AEMS)(注)によるエネルギー需給の最適管理を行うことで、効果的な温室効果ガス排出削減などに取り組みます。
 小川知事は、「複数の自治体と大学によるエネルギー面的利用の取り組みとしては全国初となる試みで、大変うれしく思っております。今回の取り組みを通じて、『温室効果ガス排出削減』や『電力コストの抑制』といった効果が出ることを期待しております」とあいさつしました。

(注)エリア・エネルギー・マネジメント・システム(AEMS)
 ICT(情報通信技術)を用いて複数建物群(エリア)におけるエネルギー使用状況を適切に把握し、省エネルギーおよび負荷平準化等によりエネルギーの合理的仕様や設備の最適運用などを実現するシステム。

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事

締結式の様子 締結式の様子

(写真)締結式の様子

関係者の皆さんと記念撮影

(写真左から)松尾嘉三 福岡県議会議員、中牟田伸二 福岡県議会議員、井上澄和 春日市長、小川知事、久保千春 国立大学法人九州大学総長、若山正人 国立大学法人九州大学理事、原田達朗 国立大学法人九州大学教授

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。