ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 豊前市立合岩中学校と北九州市立鞘ヶ谷小学校で野生鳥獣について学びました

豊前市立合岩中学校と北九州市立鞘ヶ谷小学校で野生鳥獣について学びました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月23日更新

福岡県野生鳥獣保護モデル校2校での取組みについてご紹介します。

 福岡県では鳥獣の保護思想の普及啓発を図るため、野生鳥獣の保護活動等に積極的に取り組む小中学校を野生鳥獣保護モデル校に指定し、環境教育の一環として青少年の健全育成を図ることとしており、北九州・京築地域では2校が指定されています。
 6月29日に合岩中学校(豊前市下川底)で開催された巣箱づくりの授業と、7月25日に鞘ヶ谷小学校(北九州市戸畑区)で開催された夏休みの特別学習について、ご紹介します。

 

6月29日 豊前市立合岩中学校 「野鳥の巣箱づくり」

 豊前市立合岩中学校は生徒による巣箱づくり等の環境教育を通じて野生生物保護に取り組んでいます。この活動は昭和25年から続く伝統ある学校行事で、合岩中学校1年生と合岩小学校6年生が合同で行っています。      
 この日行われたのは秋に予定している巣箱かけのための巣箱制作の授業です。      
 最初に、日本野鳥の会北九州支部の田代省二さんより、この地域に生息する野鳥や野鳥の巣作り等についてお話をしてもらった後、地域で木工作業をしている「森の学校」職員の方に巣箱の作り方の説明を受け、みんなで協力しながら巣箱づくりに取り組みました。
 
 
野鳥の会田代さんの説明  身近にいる野鳥の説明  野鳥のお話を興味深く聞く生徒たち
    日本野鳥の会北九州支部の田代さんによる身近な野鳥のお話
 
 
 
巣箱づくり開始  みんなで協力して巣箱を作ります  出来上がった巣箱
    みんなで協力して巣箱を制作しました。秋に近くの林にかける予定です。

 7月25日 北九州市立鞘ヶ谷小学校 「身の回りの野生鳥獣について学ぼう」

 北九州市立鞘ヶ谷小学校は県営中央公園に隣接しており、野鳥等が多く生息 する森が身近にある環境にあります。校外学習で公園内の生きもの探しをしたり、校内でホタルの幼虫を飼育し放流を行うなど、環境教育を実施しています。      
 この日は夏休みの特別学習の一環として「身の回りの野生鳥獣について学ぼう」と題して福岡県保健環境研究所の石間主任技師を講師に、3年生から6年生までが一緒にゲームやクイズを楽しみながら、野生鳥獣や生物多様性について学びました。  

 講堂で生徒たちが集まり授業開始  学校の周りで見られる野鳥(カラス等)  集中して話を聞いている生徒たち

       体育館で3年生から6年生まで一緒の学習。 みんな熱心に講師のお話を聞いています。 

 

 

 野鳥のゲーム(追いかけっこ)の説明  生徒がタカと小鳥に分かれて追いかけっこ  身近な野生鳥獣と生物多様性についてまとめのお話 

          タカと小鳥に分かれての追いかけっこで楽しく生物多様性を体感。

 
                

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。