ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 障がい福祉 > 障がい福祉 > 身体障害者が自立支援医療(更生医療)を受けるには

身体障害者が自立支援医療(更生医療)を受けるには

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

自立支援医療(更生医療)について

 身体上の障害を有すると認められる人に対して、障害の除去や軽減をはかることにより、その日常生活能力や社会生活能力、職業能力を回復や向上、獲得させることを目的として行われるものです。
 これらの医療を受診する時に、本来自己負担となる医療費の一部を自立支援医療費として給付する制度が、自立支援医療制度における更生医療です。
 更生医療の対象者は、身体障害者手帳が交付されている18歳以上の方で(等級は問いません)、属する世帯の所得が一定以下である方(高額治療継続者は除く)です。
 また、更生医療は都道府県知事等により指定された指定自立支援医療機関のみで行うことができます。実際に医療を利用する場合は、事前に利用する医療機関を指定していただく必要があります。
福岡市、北九州市、久留米市の指定自立支援医療機関に関しては、各市独自で指定しておりますので、それぞれの市役所にお問い合わせください。
なお、更生医療の対象となる医療は、その障害が永続するものであり、当該障害に対し確実なる治療効果(先ほどの目的を果たすためのもの)が期待できるものに限られます。

自立支援医療の対象となる障害種別と主な医療

自立支援医療(更生医療)における自己負担額

 自立支援医療(更生医療)の支給認定を受けた場合、原則として自己負担額は「医療費の1割に相当する額」となりますが、受診者本人の収入や受診者が属する世帯の所得によって、一月当たりの自己負担の上限額が決められております。

自立支援医療(更生医療)を受けるには

 手続きは、お住まいの市(区)の福祉事務所または町村役場に申請してください。
 障がい者更生相談所の判定をもとに市(区)の福祉事務所または町村役場で支給の可否を決定して申請者にお知らせします。
 

 お問い合わせは、お住まいの市(区)町村の福祉事務所、または担当する課(係)までお願いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)