ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 広川町の小学校で「花育(はないく)」を実施

広川町の小学校で「花育(はないく)」を実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月26日更新

広川町の小学校で「花育(はないく)」を実施

フラワーアレンジメントを体験!花き生産者も講師で活躍!

八女地域農業振興推進協議会花き部会(以下、「花き部会」)は、広川町の上広川小学校において「花育」活動を11月13日に行い、6年生31名の児童が参加しました。

花き部会では、地域で生産されている「花き」について学び、親しんでもらうことを目的に、小学生を対象とした「花育」活動を平成28年から行っています。これまでも八女市や筑後市の小学生を対象に地域で生産されている花を用いたフラワーアレンジメント体験を行ってきました。

今回の「花育」では、最初に広川町の輪ギク生産者から「八女、筑後、広川で栽培されている花」をパネルで紹介いただいた後、広川町内の生花店が講師となり、地域で栽培されているガーベラ、スプレーギクなどを使ったフラワーアレンジメント体験を実施しました。

参加した児童からは、「初めてだったけど楽しかった」「家で飾って家族とながめたい」といった声がありました。

八女普及指導センタ-は、今後とも関係機関と連携し、花きの消費拡大や生産振興を図っていきます。

生産者による講義の様子
フラワーアレンジメントを行う児童

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。